ここから本文です

上映中

星の子 (2020)

監督
大森立嗣
  • みたいムービー 251
  • みたログ 583

3.13 / 評価:505件

イタいし切ないけど温かい家族の成長の話

  • bat***** さん
  • 2020年10月24日 0時24分
  • 閲覧数 930
  • 役立ち度 3
    • 総合評価
    • ★★★★★

新興宗教の信者の子ちひろが、自分の中で徐々に深まっていく宗教への疑念と、それを信じる親への愛情の狭間で葛藤する。

宗教は怪しさ満点だが、親がそれにハマるきっかけを作ってしまったのは、ちひろ自身であるという皮肉。
宗教にハマる動機が子供への愛情というのは、非常に納得できる設定だった。
作中で何度もほのめかされる宗教団体の闇も、常に緊張感を与えていた。

主人公のちひろ役の芦田愛菜さんは、最高の演技。メリハリの効いた演技で、早くもベテラン女優の風格が漂う。
脇役もとにかく魅力的。だーちゃんとちひろの凸凹感も良かった。
高良健吾さんと黒木華さんも出番は少ないながら、謎めいた教団幹部を好演。強烈な印象を残した。
岡田将生さん演じる南先生。マジで嫌なやつ。そして、ちひろが泣かされた後に静かに慰めてくれるだーちゃん。「性格悪いね」の一言と優しい瞳にグッとくる。

これからちひろがどんな選択をするのか、それがわからないまま、この物語は終わりを迎える。
しかし、ラストシーンで流れ星を家族全員で見れないことが、この家族の行く末を暗示しているのではないだろうか。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 悲しい
  • 不思議
  • パニック
  • 絶望的
  • 切ない
  • かわいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ