ここから本文です

上映中

星の子 (2020)

監督
大森立嗣
  • みたいムービー 251
  • みたログ 583

3.13 / 評価:505件

もやっとする終わり方。

  • xwh***** さん
  • 2020年10月24日 21時49分
  • 閲覧数 966
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

期待して観に行ったせいか、エンディングに「これで終わり?」と思ってしまった。

宗教にいれこんでいく両親に、寄り添いながら生きていく中学3年生のちひろ。自分の家が少し周りと違うとおもいながら、両親を信じてペットボトルを毎日学校へもっていく。

片思いの教師からは、クラスのみんなの前で罵倒されるときのまなちゃん、いや、芦田さんの演技力はすごく光った。
高校進学を控え、叔父さんから自宅から通ってはどうかと提案されるがきっぱりと断る。最後の宗教の宿泊施設で何かが起きるとハラハラした。
宿泊施設に行くバスから両親と別々となり、宿泊施設でも行き違いになって会えない日が続く。会おうとすると会えない。そして、ようやく部屋に迎えにきた母親と会えるのだが、これが何かの伏線か?とみているこちらは気持ちが盛り上がってしまう。

満点の星空の下、両親が姉が出産したこと、ちひろが高校へは通学が遠くなってしまうことを話しはじめる。そして、3人で同時に流れ星をみようとするが、どうしても同時にみれない。と、こうくれば、今から何かがいよいよ起きる!と思っていたら、まさかのエンディングミュージック。え?ここで終わり?という置いてけぼりな状態になった。

とにかく最後だけが残念。鑑賞直後は星1つだとおもってたが、先を含ませる映画もありなのかもしれないと思い直し星2つ。

2020年10月、映画館でみました。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 悲しい
  • 切ない
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ