レビュー一覧に戻る
星の子
2020年10月9日公開

星の子

1102020年10月9日公開

三澤 徹

4.0

ネタバレかなりデリケートで難しいテーマ

大体思った通りの内容でした。 病弱な我が子を想うあまり怪しい宗教に心酔した両親の元に生まれ育った主人公。 ただ、数学のイケメン先生(岡田将生)への恋心や、周囲の友人の反応・親戚の反対等から薄々疑問等も芽生え、葛藤する。 過剰な演出はあまり無く、あくまでリアルを追求したドキュメンタリータッチでなかなか重厚です。チープな感じは受けませんでした。芦田愛菜ちゃんは自然体でやはり芝居が上手いですね、表情とかも良かった。 星1個減らしたのはもうちょいラストが盛り上がるのかと思いきや・・集会でなかなか両親と会えないあたりはかなり不気味で良かったです。(両親はポアされたのかと?ちょい焦りました) あと姉も何処かに埋められでもしてるのかと? 高良健吾とか黒木華とか配役が絶妙! 共に豹変するのかと少しドキドキしましたが全くそんな事も無かったです。 それがまたリアルなのかも・・・ 高良健吾さん、なんかホントこういう団体にいそうなルックス!(黒木華さんも) 宗教を決してディスっているわけでも無いんだろうけど、何かの信者の人はあまりいい印象は受けないかもしれませんね。 私も昔、宗教の勧誘でかなり怖い目にあった事が有ります。 ヤクザや半グレももちろん怖いのですが、宗教は逆にもっと怖いかも。 全編淡々とした静かな映画ですが巧みに幼少期と今を行ったり来たりしますし、なかなかどうして退屈はしませんでした。 もっともっと誰か死んだりするのかと(決して期待してるわけでは無いですよ)思いきや星を見て終わる・・・ まあ観て損は無かったです。 面白かった。

閲覧数992