ここから本文です

星の子 (2020)

監督
大森立嗣
  • みたいムービー 253
  • みたログ 799

3.11 / 評価:659件

どう生きるかはすべて彼女次第

  • yab***** さん
  • 2021年9月5日 21時48分
  • 役立ち度 2
    • 総合評価
    • ★★★★★

世に言う怪しげな宗教を描いた作品も多いが、その宗教にとりつかれた両親に育てられた娘という視点は新しい。原作も読みたくなった。
 こう言っちゃなんだが、その両親は宗教に傾倒し周囲はちっとも見えていない。それに反発して長女は家出するのだが、次女は両親を信じ、普通に学校も行って、普通に集会にも出る。その健気な姿を、芦田愛菜が見事に演じている。周囲からは家族そのものが変な目で見られ、その中で平常心を保つのが難しい役柄なのだが。

 彼女の本心を知りたい。両親は両親なのだからしょうがないと思っているのだろうか。自分の命を救ってくれた宗教であり水だから、あくまでも恩を感じているのだろうか。今後両親から自立する時も訪れるはずだが、その時彼女はどう決断するのだろうか。その答えはすべて?だ。
 が、?であるからこそ、私たちに考えさせる機会を与えてくれる。

 ラストシーンの流れ星を探す両親と次女の三人は、何を思い描いているのだろうか。そこも謎だ。
 どう生きるかは、周囲は関係ない。すべて彼女次第だ。そのなんとかなるさ感が、かえってしみじみと我々の心に響いてやまない。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ