ここから本文です

上映中

ジョゼと虎と魚たち (2020)

JOSEE, THE TIGER AND THE FISH.

監督
タムラコータロー
  • みたいムービー 161
  • みたログ 698

4.18 / 評価:621件

不思議な出逢いが紡ぐ、不思議な愛情物語。

  • kad***** さん
  • 2021年2月16日 21時30分
  • 閲覧数 220
  • 役立ち度 2
    • 総合評価
    • ★★★★★

【賛否両論チェック】
賛:恒夫とジョゼの不思議な心の交流が、切なくも温かく描かれていくのが印象的。アニメならではの映像美や音楽美も魅力。
否:絵に描いたようにご都合主義な展開なので、思わずツッコみたくなってしまう。

 夢に向かって努力を続ける主人公・恒夫が出逢った、口が悪くて小憎らしい車イスの少女・ジョゼ。始めこそギクシャクしていたものの、身体が不自由だからこそ、自由な外の世界へ強い憧れを抱いているジョゼの心を、恒夫がやがて知った時、そんな2人の関係にも少しずつ変化が訪れていく様が、観ていて微笑ましかったり、時には切なく映ります。
「好きなものに手を伸ばすのが・・・どれだけ怖いことか!!」
という恒夫の言葉が、胸に残りました。
 また、詳しくは実際にご覧になっていただきたいのですが、劇中で登場する“絵本”の描写が、実に的を射ていて、とってもステキでした。そしてアニメーションならではの幻想的な映像美や、そんな世界観を温かく包む音楽にも、思わず心が洗われるようです。
 ただストーリーはメチャメチャご都合主義で、
「いやいやいや!!(笑)」
とツッコみたくなってしまうほど、偶然が出来すぎているようなシーンもあったりします(笑)。
 デートでは勿論のこと、是非大切な方と一緒に観ていただきたい、そんな作品です。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 泣ける
  • 楽しい
  • 悲しい
  • ファンタジー
  • ロマンチック
  • 不思議
  • 勇敢
  • 知的
  • 切ない
  • かわいい
  • コミカル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ