ここから本文です

プレーム兄貴、王になる (2015)

PREM RATAN DHAN PAYO

監督
スーラジ・パルジャーティヤ
  • みたいムービー 72
  • みたログ 164

4.13 / 評価:128件

東宝、クレージー映画?

  • ラボタモチ さん
  • 2020年2月8日 18時33分
  • 閲覧数 950
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

最近あまり見なくなった、踊りあり、歌ありの正統派?インド映画である。
 日本映画では決して見られない、ミュージカル仕立てのマサラムービーであるが、コミカルな味付けが強いので、70年代に見た東宝映画の喜劇作品、特に「クレージー映画」や「若大将シリーズ」に近い感じを受けた。そう思うと主人公のプレームが植木等や加山雄三(学生服も着ていた!)に見えてきて、またストーリーも荒唐無稽で笑えるところも似ており、何か懐かしい映画を見ているような感覚に襲われた。
 出演者はみんな美男美女ぞろいで、楽しくリラックスして見られるので、家でお酒を飲みながら、仲間や家族で見る映画として推薦したいです。
 ところでこのようなフォーメーションダンスはEXILEやAKB48など、日本でも活躍しているアーチストがいるんだから、どうして映画にしないのかなぁ?とそんなこともこの映画を観ながら思ってしまいました。東宝さんやりませんか?

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • コミカル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ