ここから本文です

プレーム兄貴、王になる (2015)

PREM RATAN DHAN PAYO

監督
スーラジ・パルジャーティヤ
  • みたいムービー 72
  • みたログ 147

4.17 / 評価:118件

日本で言ったら文部省推薦のような映画

  • kko***** さん
  • 2020年2月21日 8時02分
  • 閲覧数 479
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

本作品、日本で言ったら文部省推薦のような映画、前半ひたすらインド映画らしいノー天気な話が進んで行き、なぜが、後半1時間程は、前半の打って変わってテーマが重くなり、ラストは、これもどう考えても思いきり笑えるような超ハッピーエンドで終わります。

しかし、インド映画は相変わらず長い、本作品も2時間45分って、ひと昔前なら、超大作レベル、しかしインド国内であればこれが普通なんだろうね。

しかし、インドって国は、今、正に映画は娯楽のひとつなんだろうね、映画の作りを考えても、経済が発展して、まさに国を挙げて幸せなんだろうな・・・逆に見たらこのような作風を撮り上げるのも難しいだろうな、制作に時間が掛かったり、大変だろうな・・・・

インド映画と言うと「ダンガル きっと、つよくなる」「パットマン」など、インド映画らしい路線であっても良い映画は沢山ある。

本作品だってつまらないと言うレベルではありませんが、お話の内容を考えたら少し長いかな・・・

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 笑える
  • 楽しい
  • コミカル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ