ここから本文です

ソワレ (2020)

監督
外山文治
  • みたいムービー 54
  • みたログ 145

3.44 / 評価:113件

余韻を残す刹那的な夏の逃避行劇

  • Kassy さん
  • 2020年8月27日 9時47分
  • 閲覧数 133
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

訳ありボーイミーツガール
夏の逃避行。

それぞれ事情を抱えながらうまく生きられない男女が出会い、ひょんなことから2人で逃避行する事になる。

そんな物語を和歌山を中心とした美しい情景とともに描いた作品。
2人の行いは警察にもかくれんぼと揶揄されるほど、たいした逃避行ではないのだが、夏という季節の刹那的な特別さと若い繊細な2人の刹那さが重なり、田舎の情景の逃避行に映画的な美しさがある。

しかしながら主人公が傷ついた女性に対する態度とはとても思えない行動がいくつもあり、幼稚さに辟易してしまう。まぁ若いからしょうがないか的な目線で優しく見ながら、心情を吐露する場面は虹郎くんの表現力もあり良い場面となっていて心を揺さぶられた。しかしその後のベッドシーンでは一転、とても優しそうには見えない手つきで彼女を抱こうとするのでまたしても彼に対する評価がよくわからなくなる。
結局最初から最後まで身勝手で、とても彼女の為とは思えない行動のオンパレードであり、最後のシークエンスも感動できそうであまり心に響かないのは、男性が最後まで身勝手だったからなのだろう。

とはいえ、あのシークエンスのあと、2人はどういう未来になるのだろう、と想いを馳せてしまう。
若さゆえの過ちや、自分の愚かさに気づくことが大事で、気づいた後にどうするのか、その方が大事だと思う映画であった。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ