ここから本文です

ソワレ (2020)

監督
外山文治
  • みたいムービー 54
  • みたログ 146

3.44 / 評価:113件

一口寸評

  • nn1***** さん
  • 2020年9月24日 11時22分
  • 閲覧数 458
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

作家主義を標榜し、俳優豊原功補、小泉今日子らが興した「シンセカイ」の第一回プロデュース作品。
この監督の作品は初めて。
映像的な安定感もあり、日本映画の伝統をしっかり受け継いだ良質な作風と見た。
和歌山から役者を目指し上京し、オレオレ詐欺の片棒を担いで糊口をしのぐ翔太(村上虹郎)は、養老施設の演劇療法のために仲間とともに故郷に赴く。
その施設で働くタカラ(芋生悠)が、務所帰りの父親に暴行され、思わず刃物で刺す現場に出くわした翔太は、彼女と逃避行の旅を始めてしまう…。
監督自身が書いたシナリオは少々強引だが、新鋭ヒロイン芋生悠の自然体の演技がそれを救っている。
村上虹郎の主演作もすでに5本目。
今後邦画界を担うであろう監督と若い二人の役者の次回作、そして、「シンセカイ」のプロデュース力にも(少し)期待したい。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • ロマンチック
  • パニック
  • 恐怖
  • 切ない
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ