レビュー一覧に戻る
ハリエット
2020年6月5日公開

ハリエット

HARRIET

1252020年6月5日公開

shp********

4.0

ネタバレ悲しい奴隷政策

................................................................................................ 主人公の黒人女性は奴隷で農園勤務だったが、売られることになった。 それがイヤで脱走、夫もついて来ると言ったが、迷惑かけたくなくて断った。 夫は「自由黒人」であり奴隷ではなかったため。 当時は奴隷の脱走に対して奴隷主は厳しかったようで、大勢で追ってきた。 そして橋の上で挟み撃ちされたが、川へ飛び込んだ。 つかまればアキレス腱を切られるらしいので必死だった。 そこから死ぬ思いをして、地元の神父の紹介者を介してフィラデルフィアへ。 そこで奴隷解放運動の組織に保護され、黒人の金持ちの家の使用人になる。 そして1年が経ち、夫や兄弟たちのことが気になり、何と自ら農園へ戻る。 しかし夫は主人公が川に飛び込んで死んだと聞かされており、再婚してた。 失意に陥ったが、今度は兄弟たちが売られると知り、救出して戻る。 こうして奴隷(という乗客)を救って駅に届ける者を「車掌」というみたい。 主人公は有名な車掌となり、奴隷主達から賞金をかけられ狙われる身となった。 そんな中でも暗躍し、最終的には両親も含めて70人もの奴隷を救出したみたい。 さらに南北戦争でも兵を率いて参戦し、社会貢献して90いくつまで生きたとか。 ................................................................................................ このハリエットという人は全く知らなかったが、偉大な人だと思う。 そして人を人とも思わない奴隷政策なんてつくづく最低だなと思った。 ただ主人公の最初の逃亡シーン、見知らぬ黒人が助けてくれたりもするのだが、 白人も割と力を貸してくれる。白人全員が黒人を差別してたわけではないらしい。 今もアメリカでは黒人差別が根強いみたいだが、日本人の私には分からない。 何故肌の色が違うだけで人間扱いしない気持ちになれるのだろうか? おれらが家でゴキブリ見たら即殺すようなものかも知れない。 命は尊いと知りながらも、ゴキブリは殺してもいいと思い込んでる。 幼い頃からそう教わったから。黒人差別もそれと似たようなものなのかも知れない。

閲覧数643