レビュー一覧に戻る
デビルズ・ソナタ
2020年1月3日公開

デビルズ・ソナタ

THE SONATA

882020年1月3日公開

ang********

4.0

ネタバレいやあ、素晴らしい

レビュー1779作品目。WOWOWシネマにて視聴。 アニメ特撮ゲームSFゴジラ好きの、還暦主婦ですが。 実は幼稚園からピアノを習い、バイオリンやフルートも(お稽古事ですが) なので、違う目で見れてしまう。 バイオリン含めクラシックホラーとしても。 「いやあ、プロ演奏とのスイッチ映像が凄いな」とも。 「なんで弾けるねん、こんな和音」とか。 あと、古城の怖さは、古い日本家屋の怖さとはまた違う味があり。 さて、完全ネタバレでキャラ紹介。これでストーリーも解ってしまう親切さ 主人公 若きバイオリニスト。有名作曲家の娘であり、父が死んだ事で膨大な遺産(不動産に著作権)を得る。 その中に「悪魔のソナタ」が有り、最後に弾いてしまう事により悪魔憑依。 これからは、悪魔ソナタのソリストとして大活躍予定 超有名作曲家 主人公の父。19世紀につくられたフランスの闇騎士団のマークを楽譜に残す。悪魔のソナタの作曲完成後、それを娘に託して燃え尽き症候群にて自死(焼け死ぬ) 娘が産まれて14か月目に妻子を捨てるが、離れていても娘を溺愛 チャールズ 主人公のマネージャー。 有名作曲家の遺作(悪魔のソナタ)で有名になりたいのか、儲けたいのか解らないが、ソナタ完成に尽力。 中盤位から悪魔に憑かれているが、ラストのソナタ演奏時に悪魔に首を絞められて死亡。 まあ、最後まで見てみると「何やねん結局」な映画ではありますが。 「悪魔と対話するには、方法は音楽のみである」とか 「何故に、離れていても溺愛する娘に、悪魔を憑かせたかったのか」とか 「最後、主人公が弾く悪魔のソナタを聞いた大多数の観客はどうなるの」 等々。 何も解らないまま、映画は終わるのですが・・・ 全体を漂うクラシックゴシック。見事なセット。見事な演奏。見事な家具。 甘目かもしれませんが、★4

閲覧数577