ここから本文です

上映中

るろうに剣心 最終章 The Beginning (2020)

監督
大友啓史
  • みたいムービー 1,344
  • みたログ 3,552

3.79 / 評価:2951件

人斬らずの理由を理解でき、感動新たに

  • apo******** さん
  • 2021年6月12日 15時59分
  • 閲覧数 1195
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

原作の漫画を知らず映画だけで物語を見てきましたが、
The Beginningを見て「るろうに剣心」を感動して
振り返ることができ、とてもよかったです。
第1作から、人斬らずとして自分が傷付きながらも、
何を苦しんでいるのか、佐藤健の演技に見られた表情が
理解できませんでした。佐藤健の表情にある意味が分からず
どんな演技か分からずに映画に没入できないながらも、その
アクションの凄さで映画を見ていたのですが……今回、この
本作を見て全作にある佐藤健の演技に感動を覚えました。
巴の許嫁を斬ったことで大義でなく、一人の人間の抱える
悲しみに気付き、時代の中でこれまで斬って無くした命の
重さにも気付き、却って時代を変えるまで人斬り抜刀斎で
なければ斬った命の代償が無となり、時代が変わった時以後
人を斬らないと巴に誓った剣心。
剣心がどんな思いで、巴亡き後、人を斬り続けたかを考える
ことができるようにThe Beginningを見て感じることができ
ました。そのように導いてくれた映画の演出に感動します。
 蛇足となりますが、当時の縁談を考えると、巴の許嫁と
巴の関係は、現代の私たちが思うような心のつながりはなく
家のつながりの方が強かったと思います。したがって、巴の
剣心への思いが深まるのは、むしろ、自然のようにさえ
思えます。許嫁を無くした巴の悲しみと、剣心の巴への思い、
巴の剣心への思いは、時間軸の中で自然と解決されるものと
理解しています。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 泣ける
  • 知的
  • 切ない
  • かっこいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ