ここから本文です

エジソンズ・ゲーム (2019)

THE CURRENT WAR: DIRECTOR'S CUT

監督
アルフォンソ・ゴメス=レホン
  • みたいムービー 289
  • みたログ 650

3.24 / 評価:426件

名声の重圧

  • mai******** さん
  • 2020年6月23日 23時18分
  • 役立ち度 16
    • 総合評価
    • ★★★★★

発明王なんて呼ばれなければ良かったのかもしれない。
そうすれば実務者として、実験者として優秀だったエジソンは
裏方に回っていろんな事業を支えることができたのかもしれない。
表には誰かに出てもらって
裏でいろんな事を考えて実験して生み出していく。
それが実用的なのか否かはともかくとして…

それが前面に出るしかなかったから
発明王なんて異名を貰ってしまったから
虚勢を張るしかなくなって
結果自分の立ち位置を守る行動をすることになってしまった。

そんなに凄いものじゃない。
余計な異名は守るべきものではない。
その事に早く気が付けていたら………

ドンドン人の思惑の渦に巻き込まれて
ドンドンと孤独になっていくエジソンがなんとも言えない。
ラストの映写機での表情が彼本来のものなんだろうと。
そこから考えれば、名声は時に足かせになると思わざるを得ないなと感じます。

2020年6月20日MOVIX伊勢崎で鑑賞

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 不気味
  • 知的
  • 切ない
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ