レビュー一覧に戻る
エジソンズ・ゲーム
2020年6月19日公開

エジソンズ・ゲーム

THE CURRENT WAR: DIRECTOR'S CUT

1082020年6月19日公開

xcanvases

4.0

電流戦争のファンでも楽しめる

推しの科学者テスラの電流戦争の物語が、あのキャストで映画化されていると知って鑑賞。 たしかに、少々ダイジェストっぽくはあるけれど、エジソンについてや電流戦争について知っていた自分は、面白く満足できる映画でした。 史実だけを見て想像を膨らませていた自分にとって、エジソンの奥さん、ウェスティングハウスの仲間の死、奥さんの存在など、プライベートなことと史実の出来事が繋がって描かれていて奥行きがありましたし、特許庁の審査のシーンとか見られて良かったです。また電流戦争渦の三人の関係も、史実を知る者として言うと、対比なども上手く用いて良く描かれていたと思います。 万博で、エジソンが「片方がフェンスを買ったらもう片方はフェンスを無料で使える」と言い、ウェスティングハウスが「フェンスの費用を折半するか、フェンスなど作らなければ良い」と言うシーンは二人の実業家発明家を表すのに非常に象徴的なシーンですが、最後に、テスラとウェスティングハウスが作ったナイアガラ発電所を、エジソンが作ったキネトグラフで撮っているというシーンは三人の発明家達が最終的にたどり着いた在り方を表していて非常に上手い終わり方だったと思います。 テスラ、ウェスティングハウス、エジソンの三人のその後を紹介してくれたのも然りです。 電流戦争の三人が、なんだかんだ言ってもそれぞれの形でそれぞれの場所でそれぞれに一丁前の仕事を極めて(その仕事が豊かな光の裏に罪深い影のある成功だという解釈なのもok)、三人ともが豊かな未来に貢献した偉大な人物であるという結論解釈がズレていなかったのが、この作品の一番の評価点です。 史実や解釈を適当に描くこともできる内容ですが、三人の対比を効果的に描き、ただ勝ち負けで終わるのではなく、史実解釈を取り違えないように考えてから形にしているのが、電流戦争ファンとしてはとても嬉しかったです。自分としても史実を楽しむだけでなく、こういう解釈もあるよねと思えました。 因みに、エジソンのネガキャンに対して、テスラが自身の身体に交流を通して安全性を訴えたパフォーマンスなどは、カットで、最後のコマどり?みたいなところで少し流していましたね。万博で初めてパフォーマンスしたんだっけ、記憶が曖昧です。 あとは無線送電についてもほのめかしていましたね。「電線いりますかね?」 あと、テスラを演じたニコラスホルトがイケメンだし全身像がテスラにそっくりだしちゃんとテスラっぽく変人だったので、ホルト君のファンになりました。 テスラの出番が少なかったけどホルト君が良かったので許します。 この映画でテスラを知った人は是非ググってみてくださいね、とても魅力的な人です、、、。

閲覧数605