ここから本文です

侍の名のもとに ~野球日本代表 侍ジャパンの800日~ (2020)

  • みたいムービー 42
  • みたログ 82

4.37 / 評価:65件

総合的に良かった(ネタバレ多)

  • vui***** さん
  • 2020年2月9日 17時54分
  • 閲覧数 1717
  • 役立ち度 3
    • 総合評価
    • ★★★★★

企画の主催がJ SPORTSなのでシャンパンファイトに至るまでの演出や構成が良かった。
秋山についても期待が強かった中でのデッドボール骨折はとても良い演出がかかっており、菊池との絆がとても良く出ていた。またセ・リーグMVPの坂本の不振も後半にはシンプルに復調するというのがとても気持ちよかった。
なんと言っても四番バッターの鈴木誠也がカッコよく描かれていて、あまり注目されていなかった初戦での2打席連続凡退などを忠実に再現していた。しかし、そこから立ち直るセイヤのカッコよさがまた良い。
日本を世界一に導いた稲葉監督のメンバー選考での苦悩で、マッチというムードメーカーの存在はメンバー構成を大きく揺るがしたと思う。
プレミア12の決勝で、ブルペンの結束力も重要な部分であるとも知った。
最後に、映像画質がもっと良ければ星5。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 勇敢
  • かっこいい
  • コミカル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ