2020年3月27日公開

世界でいちばん貧しい大統領 愛と闘争の男、ホセ・ムヒカ

EL PEPE, UNA VIDA SUPREMA

742020年3月27日公開
世界でいちばん貧しい大統領 愛と闘争の男、ホセ・ムヒカ
3.4

/ 52

13%
33%
38%
12%
4%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

1935年、貧しい家庭に生まれたホセ・ムヒカ氏は、左翼ゲリラとして権力闘争を続け、長い間収監されてしまう。出所後に政治の世界に進出した彼は大統領選に勝利し、2010年にウルグアイの第40代大統領になる。国民に愛されたムヒカ氏は、富を追うことなく2015年に大統領としての任期を終える。

シネマトゥデイ(外部リンク)

本編配信

スマートフォンご利用の方はアプリから視聴できます。

予告編・動画

作品レビュー(7件)

勇敢30.8%知的23.1%かっこいい15.4%不思議7.7%コミカル7.7%

  • あき

    2.0

    ドキュメンタリーですね。

    あまり説明もないので、ウルグアイの歴史とか政治とか背景がわからぬ。しかしながら歴戦の闘士の穏やかな老後という感じで、優しい瞳の奥に激しい闘志が垣間見える。

  • tos********

    3.0

    「闘いと献身」

    世界でいちばん貧しい大統領として絶大な人気のまま任期満了となった、ウルグアイのムヒカ大統領。左翼ゲリラとして、銀行強盗、誘拐、脱獄など彼のそれまでを描くドキュメンタリー。  若いころからとても穏やかだったのかと思いきや、まるで違う人物でした。ちなみに参加した大量脱獄は、ギネスに載ってるそうです。反論する老人と言い合い、農業とタンゴを愛する姿は新鮮でした。

  • sou********

    3.0

    ムヒカを観るならコレからじゃないと思う。

    「ムヒカ 世界でいちばん貧しい大統領から日本人へ」というムヒカの映画で彼を知った。それ以降、彼の本を購入するくらい人間性に惚れた。 ただ、「ムヒカ 世界でいちばん貧しい大統領から日本人へ」で扱いが大きくなかった武力闘争の事は気になっていた。人間形成の部分で、これほど強烈な出来事があるだろうか?結果、13年の拘束を受けたのだから…。 その人生を変えた武力闘争の件を補完出来る映画がこの作品だった。 人物像を描く上で、綺麗事じゃない部分を大きく扱う意味で「ムヒカ 世界でいちばん貧しい大統領から日本人へ」のようなとっつきやすさが無い。 やはり、自宅にチェ・ゲバラのミニチュア胸像があるだけの人物なのだ。 ゴリッとした武闘派の脂っこさが強い。リアルに銀行強盗をした人ってのがオブラート無しに画面に出てくる。 左翼闘争の人の言葉だから資本主義を強く正しいと信じてきた人間にとって、この映画は嫌悪感を覚えるのかもしれない。 個人的な話… 2人として同一人物がいない世界だから、全てを否定するよりも、異なる意見を聞き良いものを真似したいというのが僕の考え方だ。 相対的貧困を生み出す欲望追求システムの中で、真の幸福を身につけるためにムヒカの考え方は参考になると信じている。 社会主義が人類に於いて最高のシステムだとも思っていないけれど…。ただ、社会に扶助や奉仕があれば、地域や所属するコミュニティは豊かになると思うのだ。 ちょっと話がズレた。 ムヒカを理解する上で、この作品から入ったら人物を警戒するかもしれない。僕はその点で恵まれているし、出会うべきタイミングで順に2つの映画に出会ったのだと思う。 地球の真裏の日本人には「ムヒカ 世界でいちばん貧しい大統領から日本人へ」を観て「世界でいちばん貧しい大統領 愛と闘争の男、ホセ・ムヒカ」の順番が個人的鑑賞体験としてオススメだと思う。

  • mot********

    4.0

    たとえ

    たとえ住んでいる家がみすぼらしくとも、本物の為政者がこの人。歩んできた人生が艱難辛苦だけに、至った今の彼から学べる言葉はたくさんある。

  • mat********

    4.0

    ネタバレタンゴの調べが苛烈な人生を彩る。

    このレビューにはネタバレが含まれています。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
世界でいちばん貧しい大統領 愛と闘争の男、ホセ・ムヒカ

原題
EL PEPE, UNA VIDA SUPREMA

上映時間

製作国
アルゼンチン/ウルグアイ/セルビア

製作年度

公開日