ここから本文です

ムルゲ 王朝の怪物 (2018)

MONSTRUM

監督
ホ・ジョンホ
  • みたいムービー 13
  • みたログ 68

3.40 / 評価:52件

物怪(ムルゲ)が招いたものは・・・

  • rat******** さん
  • 2020年11月3日 13時57分
  • 役立ち度 3
    • 総合評価
    • ★★★★★

昭和29年11月3日に「ゴジラ」が公開されたということで、今日は怪獣好きには記念日みたいなもんです。
そんなわけで(まぁ、単なる偶然なんですが)韓国の怪獣映画を見ることにしました。

韓国の怪獣映画と言えば「グエムル」を思い出しますが、あれも面白かった。あのヌメッとした感じの怪物が印象的でした。今回のムルゲは、どんなもんかと期待したんですが・・・

怪物のデザイン、CGのクオリティとしてはちょっとガッカリだったかな。単なる大きな熊の出来損ないみたいな感じで。

でも、そのマイナス点を大いに補うストーリー展開に大満足です。登場人物の設定とかも良かった。単なる怪獣映画でなかったところで楽しませてもらいました。

そもそもが権力争い。王を失墜させるために物怪(ムルゲ)の噂を流すところから始まるんで、その存在すら謎だった前半。(予告編ですでに怪物の姿を見てたんで、この辺の緊迫感が味わえなかったのは残念でしたが)
この事件を調べるために、かっての英雄が呼び戻されて調査に当たると、不自然な死体の数々を目にすることとなった。
この当たりから物怪(ムルゲ)の存在が信憑性を増してきて、俄然、面白くなってくる。
【ネタバレ】












物怪(ムルゲ)のせいにして、虐殺が始まったとき、本物が現れて、人々を襲っていく。
怪物のデザインは、イマイチだけど、疫病の感染源という設定にゾクゾク。おまけに、人間の手によって、こうなってしまったことも明らかにされる。

宮中に現れたことで大パニックになるんだけど、ここから英雄たちの大活躍がまた、カッコいい!

そして、この手のドラマにありがちな自らの命と引き換えに・・・ってな展開にもなるんだけど、最後にはホッとして終わる。

韓国映画ってシリアスな内容のなかにも、チラッとコメディな部分で楽しませてくれる。
予想以上に楽しませてもらった一本でしたが、レビューの数がこんだけ・・・
怪獣映画と侮るなかれ、もっとみんなに見てもらいたい面白い作品でした。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 笑える
  • 悲しい
  • ファンタジー
  • スペクタクル
  • パニック
  • 不気味
  • 勇敢
  • 切ない
  • かっこいい
  • コミカル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ