ここから本文です

ハニーボーイ (2019)

HONEY BOY

監督
アルマ・ハレル
  • みたいムービー 60
  • みたログ 118

3.41 / 評価:76件

シャイア・ラブーフの自伝的映画

  • Kassy さん
  • 2020年8月27日 11時24分
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

シャイア・ラブーフの自伝的映画。
彼が自身のアルコール依存症のリハビリ・プログラムの一環で書いた脚本を、友人の監督が気に入り映画化したという経緯なのだそう。

映画は子役時代と、大人になりアルコール依存症となり治療を受けている時代の2つを行き来して描かれる。

子供時代をノア・ジュプが、大人時代をルーカス・ヘッジズが演じ、父役をシャイア・ラブーフが演じる。(エンドロールで流れるご本人の写真が親子ながら似ている)

息子が子役として働き一家の家計を支えるのだが、前科がありアルコール依存症であった父が、ステージパパをしながらも劣等感で暴力、ひどい言葉をかけたりする。
面倒見が良さそうなところもあるのだが…とにかく口が悪い。

アルコール依存症となってしまった原因であるトラウマ=父と向き合う中で一歩進む作品だが、自伝的映画というのもあるせいか、全体的にやや独りよがりな印象。実際には何年も縁を切っていたそうだが、父を憎いという気持ちが実はそこまで伝わってこない、ぼんやりとした演出となってしまっている気がした。
愛されたい息子と、愛し方のわからない父。そんな父と息子の複雑な愛憎劇でありながら、面白さはそこまでピンとこない作品だった。

ノア・ジュプくんの幼いラブシーンは、お母さんに甘えるみたいな感じになってるけど、イケナイものを見てしまっているかのような複雑な気持ちになった…

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ