レビュー一覧に戻る
寄生体XXX
2020年2月7日公開

寄生体XXX

LIFECHANGER

- 2020年2月7日公開

ナイスガイエディ

4.0

人類補完生命体

えらく哲学的なストーリーにまず驚く。 人間の容姿、記憶、全てを乗っ取る生命体。 奪った記憶や感情に囚われ、その生命体自体の「個」のアイデンティティが揺らいでいく様は、地球上にいる人間全てを取り込むまで終わらないのでは?と思わせるほど絶望的。 「個」としての意志はあるのに、「個」としての起源が分からない孤独感が、そもそも、「死」とは何か?と言う問いにまで行きついてしまう。 脳に記憶された情報をコンピュータに移し替えれば、入れ物が変わるだけで、同じ人なのか? 何十、何百もの記憶を取り込むと、どうなるのか? この映画は、そう言った問いを無限に投げかけてくる。 だからこそ、このジャケットは無ぇよなぁ〜(^^;;

閲覧数193