ここから本文です

ヒトラーを殺し、その後ビッグフットを殺した男 (2018)

THE MAN WHO KILLED HITLER AND THEN THE BIGFOOT

監督
ロバート・D・チコフスキ
  • みたいムービー 7
  • みたログ 26

2.85 / 評価:20件

派手なタイトルに地味な作風

  • からかす さん
  • 2021年5月11日 5時56分
  • 閲覧数 137
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

まず目を引くタイトル「ヒトラーを殺し、その後ビッグフットを殺した男」
これが「The Man Who Killed Hitler and Then the Bigfoot」と
原題ままというのに驚く。
そして内容にも全く偽りなしというのも驚く。

だから物語としては荒唐無稽なんだけど
荒唐無稽であることが主眼ではなくて
ある種シンボリックな”悪”の討伐を通じて
老齢の主人公が前向きに一歩前進するという
いい意味で普遍的な題材を扱った作品のように感じる。

何よりテンポ感が素晴らしい。
二つの”悪”の討伐、兄弟との絆、恋人との愛
老いが故の孤独と前進を盛り込んで98分は見事。
ビッグフットの造形はさすがにちゃっちいけど
そこは重要なポイントじゃないからこんなもので十分。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ