ここから本文です

ヒトラーを殺し、その後ビッグフットを殺した男 (2018)

THE MAN WHO KILLED HITLER AND THEN THE BIGFOOT

監督
ロバート・D・チコフスキ
  • みたいムービー 7
  • みたログ 25

2.95 / 評価:19件

解説

『アリー/スター誕生』などのサム・エリオットらが出演したアクション。隠居生活を送る元兵士の男が、ビッグフットとの戦いに挑む。ロバート・D・チコフスキがメガホンを取り、ドラマシリーズ「風の勇士 ポルダーク」などのエイダン・ターナーらが出演する。『ブレードランナー』などに携ったダグラス・トランブルとリチャード・ユリシックが、VFXに参加している。

シネマトゥデイ (外部リンク)

あらすじ

ナチスドイツを率いた独裁者アドルフ・ヒトラーを暗殺した伝説のナチハンターとして、その名をとどろかせた元兵士のカルヴィン(サム・エリオット)は、愛犬と一緒に平穏な老後を過ごしていた。ある日、彼のもとにFBI捜査官が現れ、人類の脅威となる病原菌を持った未確認生物ビッグフットの全滅を依頼してくる。すでに引退していたが、心のどこかでハンターとしての興奮を欲していた彼は依頼を引き受ける。

シネマトゥデイ (外部リンク)

本文はここま>
でです このページの先頭へ