ここから本文です

ペイン・アンド・グローリー (2019)

DOLOR Y GLORIA/PAIN AND GLORY

監督
ペドロ・アルモドバル
  • みたいムービー 132
  • みたログ 189

3.82 / 評価:132件

まだまだ、恋せよアルモドバル !

  • mnk***** さん
  • 2021年2月27日 10時12分
  • 閲覧数 103
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

いつもアルモドバル監督作品は主人公に彼の願望を己の姿の如く反映して来た。
主人公が女性であってもアルモドバルが主人公と化して身悶えしているよう。
それはまるでドラッグクイーンが口パクしているような感じ。
主人公にアルモドバルが乗り写っている。

ウディ・アレン作品の主人公男優が皆ウディのようなジェスチャー演技をするので、それは分かりやすい。

本作はアルモドバルの終活のはじまり。
もしくは告白。
これからの希望。
アルモドバルのキングだったアントニオ・バンデラスがアルモドバルを演じるのは、それもやはり今までの彼の願望と変わりない。
全てがアルモドバルの世界でしかない。
衣装、色彩、採光や絵画など、いつもの美意識は楽しめるが、アッサリしているので主人公に感情移入しないと佳作止まり。
老いても、これから。
恋せよアルモドバル!

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 不思議
  • 切ない
  • かわいい
  • かっこいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ