ここから本文です

私がモテてどうすんだ (2020)

監督
平沼紀久
  • みたいムービー 48
  • みたログ 186

3.30 / 評価:149件

可愛くて笑えて楽しかった。

  • cherry さん
  • 2020年7月11日 16時45分
  • 閲覧数 718
  • 役立ち度 7
    • 総合評価
    • ★★★★★

富田望生ちゃんくらいしか知ってる子がいなかったんだけど、
望生ちゃん好きだし面白そうだったので観に行ってきた。
王道少女漫画という感じだけど可愛くて笑えて楽しかった。

主人公は男の子同士の恋愛を妄想する腐女子ということで、
最初の方は『ヲタクに恋は難しい』みたいな感じかと思ったんだけど、
こっちのが物語もちゃんとしててだいぶ面白かった。

ただ痩せてモテるようになる話に留まらず、
ヲタクがバレないように奮闘する話でもなく、
ヲタクがバレてからもみんなが主人公のために奮闘したりするのが面白かったし、
主人公がまた太ってしまう展開も面白かった。
見た目が良くなったら好きになって、
また太ったら痩せさせようとするというのは、
なんか嫌な感じだな、と思ったけど、
ヲタクの萌えるポイントをみんなで再現して、
それをご褒美にして頑張らせるとか面白かった。
最終的に、4人の誰を選ぶかというときに、え、クイズ?って思ったけど、
それは主人公なりにみんなを傷つけずに
誰も選ばない方法として考えたんだろうなと思った。
結果的に先輩が正解して付き合うことになったけど、
先輩がちゃんとわきまえてる人で良かった。
ってか、4人もいい人いて誰も選ばないって、すごい贅沢だなぁ。
最終的に自分の居場所がもとに戻るというのはいい終わり方だった。
ちなみに自分は4人の中だったらダントツ先輩がいいなぁ。
痩せてもすぐ自分だってわかってくれて、
自分の趣味もまるっと受け入れてくれて、
いざというときはちゃんと良識ある行動をしてくれる、めちゃいいと思う。

途中やエンドロールの歌やダンスもとても楽しくて、
エンドロール後にはNGメイキング集もあって、最後まで楽しかった。

キャストも良かった。
最初に書いた通り、富田望生ちゃんくらいしか知らなかったけど、
際立って下手な人もいなかったし、安心して観られた。
山口乃々華ちゃん、ダンスめちゃ上手いなと思ったら、E-girlsだったのか。

そして、上映後に舞台挨拶ライブビューイングもあった。
舞台挨拶会場は無観客ということで、
そういう時代なんだな、ちょっと寂しいなと思ったけど、
みんな観客に向かって盛り上げてくれて楽しかった。
花依役の2人が主人公だと思ったんだけど、
なぜかセンターが先輩と五十嵐だった。
後輩くん役の子が短髪にしてて、
言われないとあの子ってわかんなかったんだけど、
私は短髪の方が好みだな。
上映後なのでシーンの裏話などもあり楽しかったけど、
まさかの絵しりとりに時間を使いすぎて最後の挨拶もなしに終わるという。
でも楽しかった。

最初から最後まで楽しい気分になれる映画で良かった。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ