ここから本文です

ミッシング・リンク 英国紳士と秘密の相棒 (2019)

MISSING LINK

監督
クリス・バトラー
  • みたいムービー 63
  • みたログ 136

3.54 / 評価:94件

ハイレベルな映像だけど、痛しかゆし…

  • カーティス さん
  • 2020年12月13日 23時22分
  • 役立ち度 2
    • 総合評価
    • ★★★★★

スタジオライカが贈るコミカルな冒険活劇。傲慢なイギリス人探検家とミッシングリンクがコンビを組み、ビッグフットがいるといわれる秘境シャングリラを目指すというストーリー。

これまでのライカ作品にあった陰のある世界観やブラックユーモアは鳴りを潜め、明るく楽しい作品に仕上がっています。かなり手あかがついたストーリーではあるものの、テンポの良いアクションとギャグのおかげで飽きずに見れます。
ただ、自分としては前述の陰のある作風に魅力を感じてライカ作品を追いかけていたので、本作はちょっと物足りなかったというのが正直なところ。悪い作品ではないのだけど。

大きな見どころであるライカ名物コマ撮りアニメは、本作で一つの到達点をむかえたのかな、と思いました。コマ撮りアニメの弱点だった、カクカクとした不自然な動きと物理的な制約を完全に払拭しています。ビックリするくらいスムーズかつ自然な映像で、エンドクレジットのメイキング映像を見るまではコマ撮りであることを忘れてしまったくらいです。構図も動きも凝っていますが、それでいてこれ見よがしではないところも好印象。

その一方で、ぱっと見でCGアニメのようにも見える映像に、寂しさを覚えたのも事実です。コマ撮りならではの個性が感じられないといいますか…。CGアニメに取って代わられた感のあるコマ撮りアニメでこれほどの映像を作ることができたということは本来は喜ばしいことのはずなのですが、素直に喜べない自分がいます。ファンのわがままといえばそれまでなのですが。痛しかゆしですね…。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 笑える
  • 楽しい
  • ファンタジー
  • スペクタクル
  • ロマンチック
  • コミカル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ