ここから本文です

アンティークの祝祭 (2019)

LA DERNIERE FOLIE DE CLAIRE DARLING/CLAIRE DARLING

監督
ジュリー・ベルトゥチェリ
  • みたいムービー 26
  • みたログ 35

3.08 / 評価:24件

ラストは正しくエクスプロージョン!

  • lui******** さん
  • 2021年10月4日 11時24分
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

…自粛生活中にWOWOWで映画三昧の日々を過ごし、レビューが一杯溜まってしまったので、ザックリと一口寸評にする。
 内容は、WOWOWの解説の次のとおり。
 『フランス北部の小さな村の広大な屋敷に、ひとり寂しく暮らす老女のクレール(カトリーヌ・ドヌーヴ)。
 屋敷の中には、彼女が長年収集した数々のアンティークが飾られていた。
 しかし最近、自分の記憶や意識がおぼろになってきた彼女は、初夏のある日、今日が私の人生最後の日と思い定め、突如、それらの貴重な財宝を庭先で安く売り払うことに。
 それを聞き付けて大勢の人々が屋敷にやって来るが、その中には20年前にけんか別れした娘のマリー(キアラ・マストロヤンニ=実の娘)の姿もあった。』
 レビュー数は未だ1件のみだ。
 殆ど人目に付かない作品なんだな。
 カトリーヌ・ドヌーヴ出演作というだけでは、もう映画ファンは飛びつかない時代なんだな。
 老女・クレールの終活が長年収集した数々のアンティークのセールとともに綴られる。
 そのアンティークに纏わる彼女の数々の想い出が頻繁にフラッシュバックするので若干混乱するが、夫・息子との切ない別れを振り返りながら、自らの人生とも決別する物語だ。
 カトリーヌ・ドヌーヴの風格だけで成り立っているような作品だったが、ラストは正しくエクスプロージョン!で愕然とさせられ、一見の価値は十分ありの3.4点といったところかな。

 (メモ パスワードを忘れてトラブってしまったので、新たに開設した。
 旧(fg9)レビュー数:4100件、新レビュー数31件目)

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 切ない
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ