レビュー一覧に戻る
MOTHER マザー
2020年7月3日公開

MOTHER マザー

PG121262020年7月3日公開

柚子胡椒

4.0

ネタバレ愛してたけど、愛してない

配信にて。配信サイトで見かけて気になるなぁと思って、最近レンタルショップで予告が流れているのを見て改めて見たくなりました。 長澤まさみが演じるシングルマザーと、息子の話。家族からも愛されずコンプレックスを抱き、男と一緒になってはまた捨てられ、パチンコを繰り返して金がないと二人で細々と暮らしていく日々。いつしか妹が生まれ、それでも生活は改善されず一向に良くならない。最終的に母と妹のために、息子は祖父母を殺します。 知らなかったのですが実話らしいです。何より長澤まさみの演技がすごい。大人になってからギャグもこういうヤバい演技も体を張って違和感なくどんどんやっている姿には女優だなぁとしみじみ感じます。母には息子しかいなくて、息子にも母しかいなくて、でも生まれたときからずっと母だけが全てだった息子と違い、母には家族はいなくても男がいて、唯一血を分けた子どもですら愛しているかと言われれば甚だ疑問。けれど何があっても傍にいてくれるのは実際お腹を痛めて産んだ自分の子だけで、結局離れることもできやしない。何かが解決するわけでもなく兎に角苦しい母親のダメ女っぷりと何よりそこに引っ付く捨てては現れる阿部サダヲ演じる男が兎に角ゴミなんですが、最後孫たちに会いたいといってくれた祖父母を殺し、懲役を受けた母親が「あれは私の子ども、私の分身だ」と言っていたところで、始終息子の名を呼び大切に縋るようにしてきた母は、結局傍にいてくれたら誰でもよくて、それがたまたま周囲から愛されなかったが故に、息子で、己自身と対峙する強さもなく、誰よりも大切にしているように見えて、結局は「アレ」なんだと思うと何となくストンときたような、寂しい感じになりました。

閲覧数1,907