ここから本文です

侵入する男 (2019)

THE INTRUDER

監督
デオン・テイラー
  • みたいムービー 1
  • みたログ 62

3.10 / 評価:48件

デニスの怪演だけを愛でる作品

  • fg9******** さん
  • 2020年10月28日 10時32分
  • 閲覧数 257
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

…あらすじは解説の次のとおりと書こうと思ったら空欄で、レビュー数も未だ7件のみだ。
 あんまり人目に付かない作品なんだな。
 …WOWOWで観たので、そのあらすじを次に書いておこう。
 『カリフォルニア州ナパ郊外。
 スコットとアニーの若夫婦は、そこに売りに出されていた家を購入する。
 それは築年数こそ古いが広々とした立派な屋敷で、アニーが一目で気に入ったのだ。
 2人は元家主の気さくな男性チャーリー(デニス・クエイド)にも気に入られ、何の問題もなく新生活が始まるはずだった。
 だが、家を売って娘の住むフロリダに引っ越すと言っていたチャーリーはなぜかいつまでもこの地にとどまり、何かと夫婦の生活に干渉し始めて……。』
 「僕のワンダフル~~」シリーズでは愛犬家を演じていたデニス・クエイドのサイコスリラーものだ。
 過去に量産されてきた内容なので、上記の他にあまり書くことはないが、スコットとアニーの若夫婦にあまり特徴が感じられず、旦那は浮気男だし、奥さんは警戒心なさすぎで幾分か興を削がれたな。
 旦那の友人が厳つくて見るからに怪しい男だったので、此奴が何か絡んでくると思ったら、あっさりと途中退場してしまったのは拍子抜けだった。
 かつてはメグ・ライアンの旦那でもあった好男子のデニスも撮影時65歳になり、めっきり皴も量産されてしまったが、つぶらな瞳は相変わらず美しく、その可憐な瞳に悪意を漲らせるので、却ってオットロしく思え、そんなデニスの怪演だけを愛でる作品だった。
 ラストで屋敷の地下室の存在が明るみに出るが、この設定を江戸川乱歩風味でもっと強調されたら不気味さがより一層増したのではなかったか?
 そんなこんなで、観て損まではしない程度の2.4点といったところかな

 (メモ 総レビュー数:3847件、2020年度400作品目)

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • かっこいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ