ここから本文です

ガーディアン24 (2019)

WALTER

監督
ヴァランテ・スージャン
  • みたいムービー 1
  • みたログ 37

2.32 / 評価:25件

『イコライザー』のドタバタ劣化版だな

  • fg9***** さん
  • 2020年6月1日 16時19分
  • 閲覧数 423
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

…在宅勤務で映画三昧の日々を過ごし、レビューが一杯溜まってしまったので、ザックリと書くことにする。
 …あらすじは解説の次のとおりと書こうと思ったら空欄で、レビュー数も未だ4件のみだ。
 あんまり人目に付かない作品なんだな。
 …WOWOWで観たので、そのあらすじを次に書いておこう。
 『体は大きいが真面目で温厚な警備員ワルテルは、愛妻と平穏な日々を送っていた。
 そんなある日の深夜、彼の勤め先のスーパーに強盗団が現われる。
 その目的は、隣接する宝石店に警備の薄いスーパーの側から穴を開けて忍び入ること。
 警報を受けて現場に急行したワルテルだが、逆に敵に見つかり倉庫に閉じ込められてしまう。
 抵抗もしない彼に油断する強盗団だが、実はワルテルは、かつて“血に飢えた男”と恐れられた最強の兵士だった。』
 『イコライザー』のドタバタ劣化版だな。
 強盗団の間抜けさに苛々しっ放しだったな。
 覆面を外して素顔を晒しちゃうし、ボスの名前も口を滑らしたりして、バカさ加減が全開だった。
 フランスで興収チャート初登場1位のスマッシュヒットを記録したとあるが、フランス人のギャグのセンスは途方もないな。
 ワルテルは、かつて“血に飢えた男”と恐れられた最強の兵士だったともあるが、反撃に打って出るまでが長くて退屈極まりなかったな。
 で、その反撃もジャガイモ弾・高圧水・電気ビリビリまではイカッタが、火炎放射器を作って店を燃やすのは愚の骨頂だったな。
 唯一イカッタのはワルテルの奥さんとのラブラブ感だけだ。
 フォレスト・ウィテカーあたりが主人公を演じていたなら、もう少し愉しめたかも知れないな。
 ラストの展開だけは割とホンワカしたので若干プラスしても、観なくても後悔しない2.2点といったところかな。

 (メモ 総レビュー数:3659件、2020年度102作品目)

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ