レビュー一覧に戻る
ポップスター
2020年6月5日公開

ポップスター

VOX LUX

1152020年6月5日公開

fg9********

2.0

役柄が好きになれない

…自粛生活中にWOWOWで映画三昧の日々を過ごし、レビューが一杯溜まってしまったので、ザックリと書くことにする。  …あらすじは、横着をして、解説の次のとおりだけでイイだろう。  『クラスメートが起こした銃乱射事件から生き延びたセレステ(ナタリー・ポートマン)が姉のエレノア(ステイシー・マーティン)と作った追悼曲が大ヒットし、セレステは敏腕プロデューサー(ジュード・ロウ)に認められ新進スターへと上り詰める。  18年後、スキャンダルで活動を休止していたセレステは、再起をかけてツアーに臨む。』  ナタリー・ポートマンとジュード・ロウの名前が見えたので観てみる。  冒頭はなかなか衝撃的だ。  学校でのホームルーム中、突然、クラスメイトが銃を持って現れ、乱射事件を起こすのだ。  多数の死者が出たが、セレステは大怪我を負ったものの、なんとか一命を取り留める。  で、入院中、姉のエレノアと犠牲者へ捧げる楽曲を作り、追悼式で披露したところ、参列者たちから賛同を受け、偶然にも音楽プロデューサーの目にとまりデビューを飾るのだった。  すると、彼女の歌声は瞬く間に人々の心を捉え、一躍スターダムにのし上がっていくのだった。  で、この後、度重なるスキャンダルに見舞われ、18年後のセレステにフォーカスされて、漸くナタリー・ポートマンが登場するのだが、年頃の娘を持つ母親になっているのだ。  その娘役は、セレステの若き頃を演じた女優と同じだったので若干混乱したものの、それよりも現在のセレステのビッチぶり(身も心も)は共感にはほど遠く、何が彼女をここまで荒んだ女にしたのか語られないので、観る意欲は半減するが、それでも贔屓のナタリーの役者魂を信じて観続ける。  で、ラスト、セレステの再起を賭けたライブが開催されるのだが、近隣のビーチで彼女の所縁の覆面を被った輩どもの銃乱射事件が勃発し、セレステは若き頃のトラウマが蘇って委縮するものの、コンサートの幕は切って落とされ……といった内容だ。  観終わってみれば、オープニングとエンドロール、それに冒頭の銃乱射事件ぐらいしか印象に残らんかったな。  また、ナタリーの濃すぎるメイクとビッチぶりにも疲れ、それがラストのライブで昇華!されると思ったら、そこまでは魂を揺さぶられず、観て損まではしない程度の2.4点といったところかな。  なお、続いてナタリー・ポートマン主演の『ルーシー・イン・ザ・スカイ(2019)』も観てみたが、Yahoo映画では検索外なので、この場を借りて評価すると、このヒロインも共感を得ずの2.2点といったところかな。  (メモ 総レビュー数:4056件、2021年度161作品目)

閲覧数754