レビュー一覧に戻る
ポップスター
2020年6月5日公開

ポップスター

VOX LUX

1152020年6月5日公開

bat********

3.0

ネタバレ主人公のように精神が安定しないそんな内容

ポップスターのトラウマ。 レディー・ガガやマドンナは過去に性的暴行を受け、アリアナ・グランデに関しては自身のコンサートでテロ事件が起こった。 本作の主人公セレステも同級生が起こした銃乱射事件に巻き込まれて、それがトラウマになる。 しかしその事件がなければ、彼女は見出される事もポップスターになる事もなかったのかもしれない。 苦悩と葛藤を超えた彼女のステージは、圧巻でとても素晴らしかった!と言いたいところだが、残念ながらナタリー・ポートマンの歌唱力はポップスター並みではなかった。演技は申し分ないのだが・・・。 映画として粋な演出もいくつかあったが、精神が安定しない主人公のように映画としても不安定なままだった。 あと芸能人、歌手、アーティストが観たら特に響く映画だと思った。表舞台で笑い続けるのは本当にしんどい。 これは有名になる事への代償を表す映画。 ポップスターというタイトルからも感じ取れる、ポップ・ミュージックをなぜ主人公が歌うのか。その意味も考えさせられた。 ラストシーンからの無音のラストクレジットが、「あれってどうしたの」って少し驚きました。

閲覧数748