ここから本文です

サーホー (2019)

SAAHO

監督
スジート
  • みたいムービー 70
  • みたログ 204

3.44 / 評価:161件

爆盛りのインド料理を喰わされ、ちと胸やけ

  • fg9******** さん
  • 2021年6月3日 13時00分
  • 閲覧数 171
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

…自粛生活中にWOWOWで映画三昧の日々を過ごし、レビューが一杯溜まってしまったので、ザックリと書くことにする。
 …あらすじは、横着をして、解説の次のとおりだけでイイだろう。
 『複数の犯罪組織が牛耳る大都会ワージーである日、組織の頂点に立つロイが交通事故を装い殺される。
 組織の構成員で有力者のデウラージが後釜を狙うが、ロイの息子も新しいボスに立候補する。
 そんな折、ムンバイで200億ルピーの窃盗事件が起こり、潜入捜査官のアショーク(プラバース)が捜査を始める。』
 インド映画は好きだし、しかも、『バーフバリ』のプラバース主演とあっては見逃すわけにはいかないな。
 決して詰まらなくはなかったが、というよりも、カーチェイス、空中戦、銃撃戦に肉弾戦などなんでもありのド派手なアクションに加え、勿論お決まりの歌とダンスを織り込んでのエンタメ特盛コースの大盤振る舞いといった感じだったな。
 でも、肝腎の話の方がとっ散らかっていて、しかも、登場人物の男どもが誰も彼も髭面なので、よ~見分けが付かんかったな。
 インド映画だから長尺は覚悟していたが、メインタイトルが出るのが90分過ぎで、普通ならばジ・エンドであっても不思議ではなく、以降、もう一本分の作品が続くといった感じで、爆盛りのインド料理を喰わされた気分に陥り、チョッピリ胸やけがしてしまったな。
 でもまぁ、プラバースのドヤ顔は見飽きなかったし、彼のPVでも観たつもりになれば、一見の価値はありの3.2点といったところかな。

 (メモ 総レビュー数:4009件、2021年度114作品目)

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 楽しい
  • スペクタクル
  • ゴージャス
  • 勇敢
  • かわいい
  • かっこいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ