レビュー一覧に戻る
夏、至るころ
2020年12月4日公開

夏、至るころ

1042020年12月4日公開

Kainage_Mondo

4.0

初監督作品は合格ラインをクリアした。

翔 ( 倉悠貴 以下敬称略 ) の両親の若さに吃驚したが、考えてみれば高校3年生の親なのだから、あんなものなのだろう。歳を喰ってしまった自分を認識して改めてがっくりだった ( 笑 )。翔の母親を演じた 杉野希妃 は、日米合作の 2012年「おだやかな日常」を製作&主演した人物で、ちょっと骨のある人という印象だったが、本作では優しい母に収まっていた。 2017年「ルームロンダリング」で印象を残した 池田エライザ が何と 24歳 の若さで初監督したと云う本作。観終った素直な感想は、脚本の出来が素晴らしいにしても、彼女の見識&演出力は邦画の平均点を軽く超えており、2作目以降にも大いに期待 ! と云うものだった。 炭坑節が流れ、福岡県田川市の “町おこし映画” 的なニュアンスもあるが、高校3年生の ひと夏の出来事 = 迷いと決意の物語 が本筋だ。観客がじっくり台詞を吟味できる落ち着いた展開。はったり無しで控え目に勝負を挑む姿勢が良かった。 翔の祖父を演じた リリー・フランキー は例によって巧い。彼の存在だけで映画に深みが出るような気がする程で、“ふたつ煙突” のエピソードなど、見事な語り口だったと思う。 【 余談 】 プールサイドで 都 ( さいとうなり ) がギターを演奏し歌うシーンは、本当に彼女が弾いていたなら、もっと盛り上がっただろうに、と残念だった。ボディダブルで顔だけ挿げ替えるには予算が無かったのだろう。あの後、主演の 2人 との絡みがなく、翔 ( 倉 ) と 泰我 ( 石内呂依 ) の話に纏まって行ったのは映画として正解だった。

閲覧数659