2020年5月2日公開

精神0

1282020年5月2日公開
精神0
3.8

/ 29

38%
31%
10%
14%
7%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

精神科医で82歳の山本昌知さんは、精神科診療所「こらーる岡山」で患者主体の精神医療を長年にわたって実践してきた。患者に慕われ、人生の大半を精神医療に費やしてきた彼が、ついに引退を決意する。患者たちは、今後どうしていいかわからず困惑してしまう。

シネマトゥデイ(外部リンク)

本編配信

スマートフォンご利用の方はアプリから視聴できます。

予告編・動画

作品レビュー(10件)

切ない25.0%泣ける18.8%ロマンチック12.5%悲しい6.3%勇敢6.3%

  • tk

    4.0

    ネタバレややマニアックな「観察映画」

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • aco********

    3.0

    病や老いと人間の表情や仕草の味わい

    エンタメ的な意味での面白さは皆無。 とはいえ、この映画を「つまらない」とか「退屈」と感じる人は、説明や味付け過多で観客の感情を揺さぶってくる現代のメディアに慣れすぎているようにも思う。 そういった意味で、この映画の味わいがいかに楽しめるかを、自分の感性の繊細さを測る目安にしてもいいと思う。 では、私はといえば…、この映画、正直、若干の退屈さは感じてしまった…。 とはいえ、それはこの映画の責任ではない。 ここには、実に味わい深い人間の表情や仕草が捉えられている。 それも、普段社会の裏側に隠されていて表面化することのないような、病や老いといった人間の本質があらわになる場での。 診療所の周囲のサビついた灰皿や大きく伸びた木も、この土地が積み重ねてきた歳月を物語っている。 いとおしい、と思う。 病も老いも、静かに受けとめて生きる、ひたむきな人の姿が。 懸命に生きてきた、真摯に生きてゆく人の姿が。足取りが。重ねられた手と手が。 退屈なのに、味わい深さといとおしさを覚える。私にとっては、そんな不思議な映画だった。 この監督の「方法」を評価したい。

  • poi********

    1.0

    睡眠薬としては最高

    これ最後まで起きてられる人本当に尊敬します。もう退屈とかいうレベル超えてる。なんでわざわざこんな作品作ったのか疑問です。

  • pow********

    4.0

    偉大な精神科医の幕引きの大変さ

    前作から10年経過しているようだが(前作はみていない)、前作にも出演していた患者の方が再出演していたり、医者のなかでも精神科医ほど患者との付き合いが長くなる医者は他にはないと思うが、なかには20年も通い続けた人もいて、20年というのは精神科医とひとえに言っても群を抜いて長いんだろうなと、観ていて思った。その期間の長さは患者からの絶対的な信頼の現れであり、なかには中毒だという人もいた。それくらい患者にとっては、いなくては困る存在がふと引退する。 ひとりの人間が生涯に付き合う人間は数あれど、その時間的な密度はほぼ親兄弟と同じレベルであると言える。 つまり患者は家族に近い存在とも言えると思う。その家族たちから引退という節目に先生に会えないのが辛い、別れるのが辛いということばが漏れるのを聞いて見ていて泣けてきた。たしかに相当に辛い別れだろうが、いつかはその時が来るし、それをなんとかフェードアウトするのもいろんな思いが沸き起こって相当に大変だろうなと勝手に想像する部分もあったが、先生は意外と冷静で感情的になることもなく落ちついていたように見えた。 偉大な精神科医の幕引きは患者たちの人生の一大事だが、先生にとってももちろん一大事。でも、10年前に比べて弱られた奥さんのこともあり、ずっと気持ちを整理してうろたえないように準備されてきたことがみていてわかった。この準備も常人が受け入れられるほどの並大抵のことじゃないということが伝わってきて、劇映画とはまた一味も二味も違った本物のドラマだった。

  • koh********

    2.0

    老父婦の手を繋ぐバックショット使うのか

    続編が初回作を超える事はジャンルを問わずあまりないですが、本作も同様に 前作に比すれば陳腐である。想田監督は予定調和的なドキュメンタリー映像の演出が嫌でNHKの撮影クルーを辞めたと聞いているし、実際彼の作品には演出加工は最小限であるにもかかわらず、意外性や深さが表現されていたが、今作は精神病については前作より浅く、老いについては紋切り方でどこぞの局のドキュメンタリー番組そのものであった。老夫婦の腰が曲がったまま手を繋ぐバックショットを多用するラストシーンは、この監督もこのような使い古された、意味満載の画を使うようになってしまったと失望した。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
精神0

上映時間

製作国
日本/アメリカ

製作年度

公開日