2020年9月4日公開

宇宙でいちばんあかるい屋根

1152020年9月4日公開
宇宙でいちばんあかるい屋根
3.8

/ 582

30%
35%
23%
6%
6%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

14歳のつばめ(清原果耶)は、父親と血のつながらない母親との3人暮らし。両親に子供ができたことから生まれる疎外感とともに幼なじみの大学生への恋心も抱いていた。ある日、つばめは唯一の心休まる場所だった書道教室の屋上で派手な老婆がキックボードに乗って空を飛んでいる姿を見かける。つばめは「星ばあ」と呼ぶことになったその老女に恋や家族の話をするようになり......。

シネマトゥデイ(外部リンク)

本編配信

スマートフォンご利用の方はアプリから視聴できます。

予告編・動画

作品レビュー(97件)

ファンタジー19.8%泣ける15.6%切ない12.5%かわいい12.2%不思議9.7%

  • yab********

    4.0

    見た人の”星婆”は誰だったでしょうか?

    桃井さんのリードがうまいのか、清原さんがうまいのか、監督の演出がうまいのか 分かりませんが、2人の関係が素朴ですごく良く見えました。  ただ接近した所はカットされたのでしょうか? 急にタメ口になってしまいました。  ひと夏の出来事、中学生という子供でもない、少女でもない、ましてや大人でもない時代の感性、これから人生がスタートする つばめ、いろんな人生を経験して去る人の 星婆   これからの出会いに影響を与える人との出会い、最後の出会い、色んな想いが交差する ひと夏の おとぎ話。  そんな心温まる物語でした。 自分の人生を振り返った時、こんな人が誰かしら居たと思います。

  • uti********

    5.0

    癒し系作品

    ストーリーは、よくある話です。 良くも悪くもない王道の感動系です。 この作品の魅力は演技力や映像の美しさです。 観てるだけで癒されます。

  • sxa********

    1.0

    ファンタジー

    不思議な映画でした。ファンタジーと言えばそれまでだが、テーマはなに?ちょっとした日常を入れて、ほしばあのできることも入れてるが、中途半端。星ばあできるなら力出して、人助けするのかと思ってもしないし。ツバメは幸せな家庭なのに突然キレ出すし、恋が成就するわけでもあないし。 星ばあと仲良くなる感じも不自然で、いても無視する事もあれば、居なくなったら寂しがるツバメ。まことがあんな大きくてばあちゃんの顔覚えてないとか、ツバメの実母がツバメを全く覚えてないとか、なんか不自然で、本当につまんなかった。久々に眠くなり、1.5倍速で見ました。

  • つとみ

    5.0

    ネタバレ人と繋がること。成長と愛の還元について

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • has********

    3.0

    思春期の少女

    思春期の少女の物語。ほとんどわからない。監督は映像化を目指したが成功したとは思えない。多くのレビューももどかしいものが多い。 ヒロインの清原は少女ながら大人の雰囲気があり、ファンタジーを目指す映画の意図から少しずれている。彼女の得意分野ではないかもしれない。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


清原果耶大石つばめ
桃井かおり星ばあ(ほしのとよ)
水野美紀山上ひばり
山中崇牛山武彦
坂井真紀大石麻子
吉岡秀隆大石敏雄

基本情報


タイトル
宇宙でいちばんあかるい屋根

上映時間

製作国
日本

製作年度

公開日