レビュー一覧に戻る
ナイチンゲール
2020年3月20日公開

ナイチンゲール

THE NIGHTINGALE

R15+1362020年3月20日公開

スナフキンM

3.0

単なる復讐劇ではなくなった。

冒頭、ヒロインのクレアの立ち位置が不明であったが、舞台はイギリスの植民地のオーストラリア、それもまだ未開のタスマニア島で、クレアは何らかの犯罪を犯し、流刑の身、そこで夫と子供を授かり、イギリス兵士に雇われている。 なのでイギリスの将校は絶対的に優位な位置にいる。それにしてもこの仇役となる将校たちの無法っぷりと性欲にまかせた、相手を人とも思わない屑っぷりはひどい。これで見るものは、コイツラ最後にはみんなやっつけてスカっとさせてくれるんでしょの流れになる。普通の映画ではタブーの赤子や少年の惨殺もあり、意外と描写はエグイので、苦手な人はやめたほうがいいかもしれない。 これで、これでもかって残虐な復讐劇のほうが娯楽的には十分だったのだけど、この映画はかなりシリアスで、もう1つの理不尽な物語を融合させていく。そうアボリジニーという入植者が原住民へ対する残虐な仕打ちの歴史である。 ヒロインのクレアは復讐のために将校を追いたいが、未開の島では案内が必要、それで原住民のビリーを無理やり雇う。クレアは最初はビリーを「ボーイ」と呼び、高圧的な態度をとるが、ジャングルや山の中を追い、様々な事件からお互いが抱えている悲しい業のようなものを理解し合うようになっていく。クレアはいつしか「ボーイ」ではなく、名前の「ビリー」と呼ぶようになる。この関係は男女の恋愛とかではなく、信頼というもの。 そしてクライマックス、今や、将校連中はクレアの仇だけではなくビリーにとっても許せない相手となっていた。 かなり社会派の内容となっているのは想定外であったが、かつてよくあった、欧州勢力により原住民への虐げもテーマにしており見ごたえある。しかし、あまり楽しい作品でもスカッとする話でもない。なんだかひたすら悲しい話でした。

閲覧数1,577