レビュー一覧に戻る
ナイチンゲール
2020年3月20日公開

ナイチンゲール

THE NIGHTINGALE

R15+1362020年3月20日公開

日帰り温泉

2.0

普通じゃないB級映画

この映画、ストーリー展開の雑さ加減はB級映画そのものなんだけど、B級映画にありがちなチープさ、監督の未熟さ、役者の下手さなんかは全くと言っていいほど感じさせない。 その理由は何だろう?としばらく考えても答えはなかなか出てこない。強いて言えば欧米白人が内包する人種差別思想をキチンと記述しようとした監督の姿勢による、と言えるのかもしれない。 かつてアボリジニの楽園であったオーストラリア大陸を、イギリス人は植民流刑地とした。 そこに送り込まれた囚人とその子孫達は、アボリジニを相手にまるで動物のようにハンティングして楽しんでいた。 アボリジニの楽園は地獄へと変貌し、白人流刑者にとっては嗜虐の楽園へと化した。 それは歴史的事実として知ってはいたが、実際に映像で見せられれば人種差別の酷(むご)さを肌身に感じる。 映画のラスト、クレアはそれまで普通名詞の「ボーイ」であったアボリジニの男を、固有名詞の「ビリー」として受け止められるまでに魂の成長を果たした。 しかしビリーの側からすれば自分が置かれた社会的立場になんらの変化が起きたわけではなく、白人と共感できる可能性を得たわけでもない。 今現在に至っても人種差別は人間の心を蝕み続けている。

閲覧数1,101