レビュー一覧に戻る
ナイチンゲール
2020年3月20日公開

ナイチンゲール

THE NIGHTINGALE

R15+1362020年3月20日公開

mr_********

4.0

先住民の悲劇でもある。

監督はオーストラリアの女性監督のジェニファー・ケント。 映画の舞台は18世紀イギリスの流刑地だったタスマニア。 犯罪者として連れてこられたアイルランドの女性クレアの悲劇と復讐を描く。 復讐に燃えるクレアは怒りに任せて突き進む。 ガイドとして雇われた先住民アボリジニ人のビリーは冷静にクレアを助けるが・・・。 それにしても当時のイギリスはめちゃくちゃだ。 先住民のアボリジニを虐殺してほぼ絶滅させてしまったようだ。 時代が時代だったとは言え、アメリカでも先住民を抹殺していった。 もちろん、現在のイギリスは平和を愛する国であることは言うまでもない。 ところで、日本ではイギリス、と呼んでいるが、正式な国名を知っている人は多くない。 イギリスの正式名は: United Kingdom of Great Britain and Northern Ireland:(グレートブリテン及び北アイルランド連合王国)というらしい。 長すぎて覚えられない・・・w なかなか国名にグレート(偉大な)ってつけないと思う。 人名でもグレート・カブキとかグレート義太夫とかぐらい?(笑) 話がそれたが、クレアは苦労の末、仇のホーキンスに追いつくが、とたんに腰砕けになってしまったのは残念! これは、親類を殺されたビリーにリベンジさせるシナリオにしたのかもしれない。 結局、アボリジニのビリーは死に、白人のクレアは生き延びた。 それは歴史をなぞったのかなと思いました。

閲覧数1,050