ここから本文です

上映中

グランド・ジャーニー (2019)

DONNE MOI DES AILES/SPREAD YOUR WINGS

監督
ニコラ・ヴァニエ
  • みたいムービー 101
  • みたログ 116

4.48 / 評価:86件

種別を超えた絆と、親子愛と成長の物語

  • wxj***** さん
  • 2020年7月27日 20時18分
  • 閲覧数 429
  • 役立ち度 5
    • 総合評価
    • ★★★★★

クリスチャンは一風変わった気象学者で、フランス・カマルダで雁の研究をしている。
鳥類愛好家でもあり、超軽量飛行機を使い、渡り鳥に安全な飛行ルートを教えようという、誰もが無茶だと呆れるプロジェクトに、夢中になって取り組んでいる。
自然破壊が進み、絶滅危惧種である渡り鳥たちを保護して増やす狙いがあった。

そんな変わり者の父と、大自然の中でバカンスを過ごすことになった息子のトマ。
オンラインゲームに夢中なイマドキの、思春期の14歳の普通の少年だ。

両親は別れて暮らし、母には新たなパートナーもいるが、関係性は良好の様子。

Wi-Fiも繋がらない田舎で、退屈で暇を持て余したトマは、父の研究を目にする。
家がそのまま研究所のようなものなので、研究に触れるのも極自然なこと。

クリスチャンは人工孵化させた雁を、自分達を親だと思い込ませて育てる。
生まれて最初に見たものを親だと思い込む、刷り込みという習性を利用したもの。

そのために茶色のガウンを羽織り、鳥が怯えないよう声や音を出して慣れさせる。
その姿は確かに滑稽で荒唐無稽なのだが、本人は真剣だし真面目で必死なのだ。

また、若いトマにとって、生命の誕生の瞬間という奇跡は、驚くほど感動的。
トマが夢中になるのも、すごくよく分かる。動物の癒し効果は絶大。

すっかりトマに懐く鳥たちが可愛くて、共にプロジェクトに協力することに。

モフモフの毛並みやヨチヨチ歩きなど、とにかく鳥たちが可愛くて愛おしい。
トマとの交流を深める姿も、超絶癒されるし、ホッコリ感動させられる。

その中に1羽だけ、違う種類の鳥が手違いで混じってしまっていたのだが。
トマはアッカと名付け、特別に可愛がりながら温かく成長を見守る。

本来は分けるべきなのだが、まるでマイノリティな存在も受け入れているかのよう。

飛び方を教え、トマの後を付いて行き、たくましく羽ばたいていく雁の一行。
種別をも超えた絆というのは、崇高で美しく感動的!

そしてついに、成長した鳥たちと共に、車でノルウェーに移動。
南仏を目指し、壮大な旅が始まるはずが、役所の許可が下りない。
クリスチャンが書類を偽造したことがバレてしまい、いきなりピンチに。

雁を助けようと、トマは飛び立つがそのまま飛行を続けていく。
いきなりの無謀なチャレンジに、クリスチャンたちと同様にハラハラドキドキ。

だが、まだ子供だと思っていたトマは、すっかりたくましく成長していた。
燃料や食料の調達も、時に悪事を働く事もあるのだが・・・。

大半は、トマの挑戦と冒険を応援する人々の、善意によって成り立っていく。

動物たちを絶滅に追い込む、身勝手で儲け主義な大人たちがいる一方で。
旅の過程で出会う人々が、みんな優しく温かく、いい人なのに救われる。
脇の人々が活躍する人情劇の数々も、微笑ましくて良かった。

悪天候に見舞われるなど、過酷な試練にも立ち向かっていくトマと雁たち。
はぐれたかと思ったアッカが現れた時には、本当に胸をなでおろした。

勇壮に広がる豊かな大自然の中を飛ぶ、空の旅の映像美は、圧巻の素晴らしさ。
実際に野鳥たちと空を飛び撮影が行われたそうだが、浮遊感と臨場感がお見事。
一緒に飛んでいるかのような一体感を味わえる、貴重な映像体験だった。

また、イマドキの手段でトマの居場所を突きとめたクリスチャンたちの追跡劇も、並行して描かれる。

親子愛、家族愛をしっかり盛り込んでいるのも、感動的で泣かされる。
親代わりであるトマのアッカたちに注ぐ無償の愛も、また同じなのだ。

ひよっこで弱っちろかったトマは、いつしか日焼けしてたくましく成長している。
親子愛と、少年の勇気と成長の物語でもあり、種別を超えた絆と友情の感動作。

ラストで、再び飛んできた雁の姿は、奇跡的で鳥肌モノに感動して興奮した。
実話なので、成功することが分かりながらもハプニングだらけで面白かった。

子供と動物もまた、泣ける鉄板の題材であるが、ベタながら素直に感動する。
爽やかで、本当に素晴らしい作品だったと、鑑賞後の満足感に浸れる。

マイナーな扱いなのがもったいない、多くの人に見て欲しい作品だった。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 泣ける
  • スペクタクル
  • 勇敢
  • かわいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ