ここから本文です

ブリット=マリーの幸せなひとりだち (2019)

BRITT-MARIE VAR HAR/BRITT-MARIE WAS HERE

監督
ツヴァ・ノヴォトニー
  • みたいムービー 119
  • みたログ 141

3.38 / 評価:101件

解説

前向きに生きようとする女性の姿を描いたスウェーデン発のヒューマンドラマ。長年連れ添った夫に愛人がいたことを知った主婦の物語が映し出される。監督は『ボルグ/マッケンロー 氷の男と炎の男』などの女優ツヴァ・ノヴォトニー。『スター・ウォーズ』シリーズでシミ・スカイウォーカーを演じたペルニラ・アウグストや『ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女』などのペーター・ハーバーらが出演した。

シネマトゥデイ (外部リンク)

あらすじ

スウェーデンに住む専業主婦ブリット=マリー(ペルニラ・アウグスト)は、40年にわたって夫を支えてきた。ある日、出張先で夫が倒れたという知らせを受けて病院に駆けつけると、長年の愛人が付き添っていた。家を出たブリット=マリーは、これまでほとんど働いたことがなかったが、小さな町でユースセンターの管理人兼子供たちのサッカーチームのコーチの仕事に就く。

シネマトゥデイ (外部リンク)

本文はここま>
でです このページの先頭へ