ここから本文です

凱里ブルース (2015)

路辺野餐/KAILI BLUES

監督
ビー・ガン
  • みたいムービー 23
  • みたログ 34

3.76 / 評価:25件

ロングデイズジャーニーのプロトタイプ

  • moritama さん
  • 2020年6月18日 12時08分
  • 閲覧数 612
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

2018年ロングデイズジャーニーで世界的に注目を集めた、中国の新世代監督ビー・ガンの2015年製作のデビュー作。
大まかな全体の構成とシチュエーションはロングデイズジャーニーに似通っているので、ロングデイズジャーニーはこの映画をベースにその時にはできなかったこと(3D撮影や俳優など)を実現したのではないか。
ロングデイズ〜も同様だが、この映画を「普通の」映画のようにストーリーを追って展開を楽しむ、つもりで見ると失敗する。
そもそも映画はストーリーを楽しむ物だなんて誰も決めていないのだから、ストーリーが訳わからないなんて文句を言ってはいけない。
映画の解説にはストーリーという項目があるので、なんとなくこの映画のベースになる流れみたいな物が書いてあるが、あまり意味がないので注意しましょう。
一つ問題なのが、中国語がわからないので字幕を「読んで」しまうこと。
読むということは頭で理解しようとしてしまうので落とし穴がある。
もしこれから見る予定の人には字幕は「読まなくてもいいよ」と言いたい。
この映画の台詞は音楽か音だと思って「聞いた」ほうがいい。
中国の秘境のような街が舞台なのだが、そこは今の時代なのかそれとも夢の中で構築された街なのかわからない。
そうした現実感のない舞台で過去なのか今なのか朦朧とした映像が展開する。
そうした意味では夢か現実かわからない世界を楽しむのが映画であれば、最も映画らしい映画ということもいえる。
ロングデイズ〜でも話題になったワンシーンワンカットの長回しはこの映画でも登場するが、ロングデイズ〜のほうが進化している。この映画が足がかりになったのだろう。
この映画は実験的であり、その成果がロングデイズジャーニーで開花した。
となると、次回作ではどう展開するのか。
この監督の真価が問われるのだろう。
楽しみである。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • ファンタジー
  • 不思議
  • 知的
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ