レビュー一覧に戻る
まともじゃないのは君も一緒
2021年3月19日公開

まともじゃないのは君も一緒

982021年3月19日公開

UrbanDockGoer

5.0

演技力ある2人だから醸せる空気

成田凌と清原果耶。 共通するのは、若手ながら観る度に演技力に感心するところ。 一方、主演としてはインパクトに欠けるにも共通(本作の興行成績にも表れている)。 でも、何か魅せてくれるだろうという期待させるものが有った。 【物語】 大野康臣(成田凌)は予備校教師。 数学科出身の大野は数学オタク。 女生徒に「好き」と言われれば、「定量的に言ってくれないと分からない」と答える始末。 生徒の一人、秋本香住(清原果耶)には「普通じゃない」「絶対結婚できない」「孤独死一直線」と言われる。 「普通じゃない」自覚は無く、普通に結婚願望もある大野は香住に女性との付き合い方の指南を求める。 一方、香住も実は友達の中では浮いている。 独特の教育論を説き、本も書いている有名人宮本(小泉孝太郎)に憧れている。ある時、宮本に婚約者がいることを知ると、2人の仲を裂くべく、「女性との付き合い方の練習だ」と言って大野に婚約者美奈子(泉里香)に近づくように指示する。 香住の練った戦略で、大野は言われるがままに動くのだが、香住の想像していなかった展開が待っていた。 【感想】 これは、文句なく面白い! 基本はコメディー。 成田凌と清原果耶という演技力の確かな2人だからこそ、 大野と香住の変人ぶりがなんとも可笑しい。 が、単にコメディーというだけでもなく、切ない展開も有り、 話に深みも有る。 「普通ってなんだ?」とか、 実はクズ野郎の宮本が終盤で吐く台詞にもちょっと頷いてしまったり。 「人の気持ちは理屈じゃない」 という思いにも駆られる。 作品の空気はもちろん重くないが、 軽いばかりでもない心地良さが有る。 観て損は無いというか、 自信を持って勧められる一本です。

閲覧数1,676