2021年5月7日公開

未来へのかたち

1122021年5月7日公開
未来へのかたち
4.1

/ 49

49%
22%
18%
6%
4%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

砥部焼の里のりゅうせい窯の主・竜青(伊藤淳史)は聖火台デザインコンペに勝ち、“磁器製の聖火台”制作に家族総出で取り組む。だがそのためには確執がある父や窯元らの腕が不可欠だった。さらに突然兄の竜哉(吉岡秀隆)が町に帰ってきて、母(大塚寧々)の死をめぐる父子の因縁が再びくすぶり始める。

シネマトゥデイ(外部リンク)

予告編・動画

作品レビュー(11件)

泣ける13.9%楽しい11.1%切ない11.1%笑える8.3%かっこいい5.6%

  • るっくぱん

    5.0

    名優

    橋爪さんが好きで観ました。 やっぱり凄い名優さんです。 陶芸家に溶け込む姿、流石。 周囲を固める俳優さんたちも、『陶芸一家』の苦悩や団結を素敵に演じておりました。 焼き物の世界もそうですが、砥部焼のことも知りませんでした、このコロナ禍が落ち着いたら、行ってみたいと思います。愛媛県、砥部町。 前の方も書いておられますが、私もオリジナル脚本の映画が好きなので、その点も特筆しておきます。俳優さんや監督をはじめとするスタッフたちが、これだけの作品をオリジナルで作り上げたことには脱帽です。 原作もの恋愛もので飽き飽きしている方には新鮮でしょう。 しかし、、この映画を観て、わざわざこれだけのためにアカウントを取って星1付けてる人の気がしれない。知人?なのか

  • ero********

    5.0

    こんな世に観られて良かった

    片田舎の焼き物の里が舞台。 単なる地方映画かな?と思ったが、それはどっこい、いい意味で裏切られた。 豪華キャスト陣もさることながら、陶芸という現実をドキュメンタリーのように魅せているのは秀逸。さらにこれがオリジナル脚本というのもすごい。よくリサーチ、研究したのだろうことが思われる。 物語もスッキリとしていながら、よく錬られていて、家族のことや大事なひと、逆に疎遠になっている知人のことを考えさせられた。 原作映画ばかりが横行している邦画のなかで、こうゆう作品は近年少ないと思う。 私にとっては、もっと世間に知って貰いたい、広がって欲しい名作のひとつとなった。 音楽も、清塚信也さんが担当されていたが、またこれも華を添えるように映画を盛り上げていた。主題歌の湘南乃風さんもしかり。 応援したくなる映画だ。

  • やふうはなこ

    1.0

    地元をヨイショしたいだけの自己満足映画

    見る側のことなど考えていない、監督がオリンピックに合わせて作りたかっただけの映画。 それを愛媛県民がありがたがって見て高評価を入れているだけで、実際には申し訳ないが駄作。

  • tam********

    4.0

    笑わない橋爪さん

    影の主役は橋爪功ですが、今回ほとんど笑うことのない役柄でした。 ついこの間「お就活」で大爆笑させてもらったところだったので、役の振れ幅に驚いてしまいます。 砥部焼は、あまりメジャーではないけれど、ぷっくりした縁の鉢や、高足の茶碗など、独特でとっても好きな焼き物で、いつかチャンスがあったら買いたいと思ってました。コロナが過ぎて、焼物祭りが再開したら、是非訪れたいと思います。 いいお話でした。

  • kazooh24

    2.0

    好みが分かれる

    高評価多いですが……

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
未来へのかたち

上映時間

製作国
日本

製作年度

公開日

ジャンル