2020年11月13日公開

水上のフライト

1062020年11月13日公開
水上のフライト
3.7

/ 180

25%
36%
32%
3%
5%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

将来性の高い走り高跳び選手として活躍し負け知らずだった遥(中条あやみ)は、ある日、不慮の事故に遭遇する。命は取り留めたが下半身はまひし、将来の夢を断たれた遥は心を閉ざし自暴自棄になってしまう。しかし周囲の人々に支えられ、パラカヌーという競技に出会った彼女は、新たな夢を見つける。

シネマトゥデイ(外部リンク)

本編配信

スマートフォンご利用の方はアプリから視聴できます。

予告編・動画

作品レビュー(50件)

泣ける19.6%勇敢15.0%かっこいい14.4%かわいい14.4%切ない11.1%

  • ひーろーかむおん

    3.0

    王道的なスポコンもの

    …自粛生活中にWOWOWで映画三昧の日々を過ごし、レビューが一杯溜まってしまったので、ザックリと書くことにする。  内容は、WOWOWの解説の次のとおり。  『走り高跳びで世界を目指し、自分の実力に絶対の自信を持って活躍する有望な選手、遥(中条あやみ)だったが、ある日、大学から帰る途中、交通事故に遭う。  命は助かった遥だが、二度と歩くことができなくなってしまう。  自暴自棄になった彼女だが、小学生のころにカヌーを教えてもらっていたコーチの宮本(小澤征悦)に誘われ、カヌー教室を見学に来る。  宮本や教室の子どもたちの励ましで遥の心は次第に穏やかになり、パラカヌーで世界を目指すことを決意する。』  内容は上記のとおりで、付け加えるものは何もない。  スポーツの種類がパラカヌーというのは目新しく、後は王道的なスポコンものだ。  ラストの未だ発展途上的な幕引きはイカッタ。  中条あやみのどん底から這い上がろうとする根性は見飽きなかったし、それ以上に大塚寧々が演じる母親の深い愛情は胸に染み入ったので、一見の価値はありの3.2点といったところかな。  (メモ パスワードを忘れてトラブってしまったので、新たに開設した。  旧(fg9)レビュー数:4100件、新レビュー数39件目)

  • WXYは知ってても、それだけじゃ

    3.0

    1日中川

    負けず嫌いがモチベーションか、容姿の綺麗な人が演じるとその負けず嫌いは綺麗に映える。

  • npp********

    3.0

    笑顔でスポーツに取り組む

    主人公は走り高跳びでオリンピック出場を目指していた。 だが、交通事故に遭い下半身麻痺となる。 走り高跳びの道が閉ざされた主人公はあまりのことにショックを隠しきれない。 そんなときカヌーと出会う・・・ カヌーでパラリンピック出場を目指す話。 なかなか気持ちの整理がつかず、何度も壁にぶち当たりながらも成長していく。 周りに支えられ自然と笑みがこぼれる主人公の姿は微笑ましい。 主演の中条あやみは競技用カヌーを乗りこなしており、なかなかの熱演だった。

  • pip********

    5.0

    後半は盛り上がる

    前半は反発の時間が長くてもどかしいが後半の主人公の姿は結構圧倒 されるくらい迫力がある。 それにしても主人公のカヌーの演技は大したものである。

  • mei********

    5.0

    ネタバレTSUTAYA5本割引きパック数合わせ

    このレビューにはネタバレが含まれています。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


杉野遥亮加賀颯太
高月彩良村上みちる
冨手麻妙朝比奈麗香
大塚寧々藤堂郁子
小澤征悦宮本浩

基本情報


タイトル
水上のフライト

上映時間

製作国
日本

製作年度

公開日

ジャンル