2021年7月9日公開

シャイニー・シュリンプス!愉快で愛しい仲間たち

LES CREVETTES PAILLETEES/THE SHINY SHRIMPS

PG121032021年7月9日公開
シャイニー・シュリンプス!愉快で愛しい仲間たち
3.7

/ 82

17%
44%
34%
1%
4%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(21件)


  • ひーろーかむおん

    4.0

    楽しんだ者の勝!

    まん延防止期間中は在宅勤務が多く、観た映画がどんどん増えて未レビューが一杯溜まってしまったので、一口寸評にする。  あらすじは、横着をして、WOWOWの解説の次のとおり。  『オリンピック銀メダリストの水泳選手マチアスは、同性愛者に対して差別的な発言を行ったとして世界大会への出場資格を剥奪されてしまった。  復帰の条件は、ゲイのアマチュア水球チーム“シャイニー・シュリンプス”を、クロアチアで行なわれる性的マイノリティのスポーツ世界大会“ゲイゲームズ”出場に導き、チームの一員として同行すること。  渋々コーチを始めたマチアスだが、メンバーは勝負は二の次の変わり者ばかりで……。』  エンドロールで、実際の「シャイニー・シュリンプス」のメンバーの写真出てきたので、解説を見てみたら、メンバーの一人のセドリック・ル・ギャロが監督と脚本を務めた作品だった。  “ゲイゲームズ”なる性的マイノリティのスポーツ世界大会があるなんてチットモ知らんかったが、「シャイニー・シュリンプス」の彼らはマイノリティどころか、マジョリティであるかのように、練習そっちのけでわちゃわちゃちと歌って踊って愉しみまくる様は笑える。  でも、レズビアンの強豪チーム「ガチムチガールズ」との一戦では、男気丸出しでガチ戦闘モードでプレイするところも笑える。  そうした経験を積んでクロアチアでの世界大会に臨むのだが、道中でナンパに現を抜かしたり、試合前日にパーティーで羽目を外し過ぎてヨレヨレになってしまったりしても笑える。  マイノリティ、マジョリティに関わらず、人生は楽しんだ者の勝!という作品だったが、ラストの葬式さへも愉しもうとした彼等だったものの、参列者の中から侮蔑の眼差しを浮かべて立ち去っていく者たちがいたのも事実で、現実的にはまだまだ性的マイノリティの立場は険しいことも伺わせる結末だった。  でも、オイラも楽しんだ者の勝!の1人で、非常に愉しめた3.6点といったところかな。  続編は、日本が舞台らしいので、今から愉しみに待つとしよう。  ところで、ライアン・ゴズリングは彼らの間では女神的?な存在なのかしらん??  (メモ パスワードを忘れてトラブってしまったので、新たに開設した。  旧(fg9)レビュー数:4100件、新レビュー数195件目)

  • tos********

    3.0

    「ヒーロー」

    オリンピック候補の水泳選手マチアスは、同性愛者に対する差別的発言により、ゲイの水球チーム、シャイニーシュリンプスのコーチをさせられる。マチアスは嫌々だし、メンバーは変わり物ばかり。でもチームは、クロアチアで開催される世界大会ゲイゲームスを目指す。  悲しいこともあったけど、楽しかった。実在のチーム、シャイニーシュリンプスを元にした物語。日本人にとってはスクールウォーズで有名な曲、「ヒーロー」が何度も流れます。なんで彼らに.ライアン・ゴズリングが人気なんだろ。

  • つとみ

    4.0

    ネタバレ見ているだけで楽しくなれる。そして泣ける

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • まあくん

    3.0

    人間、みな平等‼️

    男も女もそうじゃない人も、健常者も障害者もそうじゃない人も、みんな同じ人間。みんな平等。見た目が違っても中身はおんなじ。 世界中の人が、そんな気持ちでいてくれたら悲惨な戦争も起こらないのに。

  • 一人旅

    4.0

    ほぼ練習“ゼロ”なスポ根コメディ

    セドリック・ル・ギャロ&マキシム・ゴヴァール監督作。 実際に水球チームのメンバーだったセドリック・ル・ギャロが、自身の実体験に基づきゲイのアマチュア水球チームの奮闘を描いたスポ根コメディです。 同性愛者に対する差別発言により、水泳連盟の命令でゲイのアマチュア水球チーム「シャイニー・シュリンプス」のコーチをするはめになった現役水泳選手の主人公が、個性的で自由奔放なゲイたちをクロアチアで開かれるLGBTスポーツの祭典「ゲイ・ゲームズ」に出場させるべく奮闘していく様子を描いた“LGBT+スポ根コメディ”となっています。 スポ根モノにしては真面目に練習するシーンが極端に少ないですし、ゲイの描き方がステレオタイプなのも気になる点ですが、ゲイ嫌いな主人公(&一人娘)と自由奔放でそれぞれに悩みを抱えたゲイたちのコミカルな交流と絆の形成が熱くて愉しいですし、貸し切りの2階建てオープンバスに乗り込んでの欧州横断の遠征風景&大騒ぎは『プリシラ』(94)を彷彿させる解放感を堪能できます。 『だれもが愛しいチャンピオン』(18)や『シンク・オア・スイム イチかバチか俺たちの夢』(18)に連なる訳ありチームの奮闘譚で、水球というマイナースポーツにスポットライトを照らした点も興味津々な娯楽作となっています。

  • jts********

    3.0

    肩の力を抜きつつ真面目

    鑑賞チケットが手に入ったので劇場で鑑賞しました。本作を観て初めてゲイ・ゲームスというイベントの存在を知りました。これも映画の素晴らしいところですよね。次回は香港で開催予定らしいですが、日本からも何方か参加するのでしょうか。  出演者は知らない方ばかりでしたが、ジャンを演じた役者さんはジャン・レノさん主演の「ザ・スクワッド」という警察を舞台にした映画に、タフガイな刑事役で出演されていたのを観た記憶がありました。本作でも良いポジションでストーリーの柱になっています。  ラストの教会で、マチアスに差別発言は許されないとペナルティを課した本人が、差別発言するシーンは説得力有りましたね。欧州ではLGBTへの理解が広まっているという認識でしたが、これが現実なのでしょうね。

  • fpd********

    4.0

    定番だけど面白い

    想定通りの展開で、定番感満載ですが、それでも、コメディ部分の笑いとジーンとくる場面もあって、けっこう楽しめました。ステレオタイプの描き方は気になりましたが、面白かったです。

  • けんけんぱん

    5.0

    ネタバレ笑いにきた

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • bakeneko

    5.0

    ネタバレライアン・ゴズリング♡

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • n_f********

    5.0

    ハイテンションなチームと笑わないコーチ

    水泳選手の主人公(めちゃくちゃいい筋肉の持ち主)が インタビューで『ホモ野郎!』って発言したら非難を浴びて大会への出場資格をはく奪され、 それを取り戻すために渋々ゲイの水球チームのコーチになる話。 彼がコーチを務めることになる『シャイニー・シュリンプス』。 冒頭から皆仲良くて楽しそうな映像が流れていてめちゃくちゃテンション高い印象。 そのうえ練習もふざけて遊んじゃうようなチームで 渋々コーチをやることになるクールであんまり笑わないマチアスとの温度差が凄いです。 マチアスの方に感情移入しやすく、『このチームを勝たせることなんてできるの!!?』と思ってしまいますが、 彼の視点で徐々にチームメンバーそれぞれが抱えてる悩みや苦悩を知ったり理解し、 いつもまにかチームの一員に馴染んでく姿が自然で良かったです。 このチームメンバーたちも個性的でキャラが立っていてわかりやすかったです。 見た目に個性があるのはもちろん、それぞれが抱えている悩みや事情なども十人十色。 皆、いつも楽しそうで笑顔でいるけれど、内にそれぞれが問題を抱えてます。 生き方は違えど共感してしまう内容ばかりでした。 特に同性婚をしていて子供を育てているというセドリック。 結婚をして幸せに生きているように見えていても家庭のために 水球のチームを辞めたことにして嘘をつかなくてはいけなかったりと 何かを得るために何かを犠牲にしたり、その選択をせざるを得ない姿は人生に重なるところばかりです。 手術をして見た目も女性になっているフレッドは男性ばっかりの画面で いつもオシャレな服装で華があるし、 マチアスの娘はすごく可愛くて将来美人になりそうで観ていて楽しかったです。 笑えるところが多くて、とにかく楽しくて魅力的な登場人物が出てくる作品ですが、 生きるって難しいな…とも考えさせられる映画でした。 世の中の人皆に理解されなくても自分らしく生きていく姿が本当にかっこよかったです。 あと、何よりびっくりしたのがこのチームが実在するという事! 試合前のコールといい、あの大会といい、閉会式でやるダンスといい本物を見てみたい!!!

  • axl********

    3.0

    ゲイの描き方がステレオタイプ

    映画の出来は及第点。 でもゲイはユーモアにとんで、仲間思いで、情に厚くて… そんな描き方はパターンが同じで、そろそろ飽きてきたかな?

  • fiv********

    5.0

    とにかく面白い!

    男性の同性愛物は苦手で普段は観ない。 しかし、コメディで実在する水球チームがモチーフと言うので観てみた。 そんなゲイたちの水球チームにゲイ嫌いのコーチが就任するという内容。 めちゃくちゃ面白い。 そのコーチがまた、ハゲマッチョなのが最高。 そのコーチは、家族とは上手く行っていなかった。 一人娘からも無視されていたが、ある日ゲイチームの練習に娘を同行させた。すると、なぜか娘は父親に尊敬の眼差しを向けるようになる。 それがきっかけで真剣にゲイチームを指導する事に。 とにかく笑える、ゲイを題材にここまで描いて問題にならないかと思うがこれは実在するチームの物語。 同性愛物が苦手の人も楽しめる一本。

  • kyo********

    3.0

    パワー炸裂

    おもしろかった! LGBTの面々の中に水球のコーチとしていやいや飛び込んだ、オリンピックを目指す水泳選手のマチアス(ニコラ・ゴブ)。はじめのうちは面々に振り回されてばかりだったが… コメディでもあり感動ものでもありの人間ドラマ。ちょっとはしゃぎすぎでしょとは思いましたが、ほんとうに愛すべき、楽しい面々でした。それぞれ個性が(あくが)あるのでチームだけれどそれぞれです。生きづらさを抱えながらもとっても生き生きとしていました。わたしも見習わなくちゃいけないところがたくさんあります。元気がもらえる作品です( ̄▽ ̄)b ライアン・ゴズリング人気、妙に納得した。

  • Dr.Hawk

    3.0

    ネタバレ設定はテンプレだが口パク熱唱シーンは最高

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • wxj********

    4.0

    ネタバレ仲間との交流が微笑ましくて愉快

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • ta7********

    3.0

    飽きもせず定石通り展開でいいのか悪いのか

    実話でしょうけれど、LGBTQに理解あるスタンスなんでしょうけれど、それでも本作にはホモフォビア的ニュアンスが漂い、ちと不快。ゲイと言えば日本でもそうだがオカマであると言う馬鹿げた公式がまかり通る、と言うよりそうした方がウケるからゲイゲイしく賑やかに仕上げる。ひょっとすると本物の皆さんもそうした方が受けるのを承知でド派手衣装を商売道具として用いていると思われる。セリフとて字幕からして女言葉となっているが、果たしてフランス語ではどうなんでしょうね。  ダメダメチームにコーチがついて軋轢を重ねてのスポ根で、いよいよの大会の直前にどうしようもない事情で完遂できないトラブルが必ず発生、それでもあり得ない設定で出場し見事・・・ってここ数年で何本観たことでしょう、しかもフランス映画で。本作もその典型通り。ホモフォビアの男があっさり理解者に転ずるのもイージーで、ならばゲイの実態をお見せすれば理解してくれるかしらん?世の中は。その為に本作のように映画で広くお伝えしている。な~んて欺瞞に惑わされてはいけません。所詮本作もその奇怪ぶりを見せ物よろしく使っている一面は隠しようがない。  それにしても水球ってあんなに深いプールを使うのですか? 調べたら水深2m以上とある。ってことは試合中終始泳いでいる、これまた調べたら試合時間は正味8分を4ピリオドとある、そうでしょうねあのハードさでは。

  • was********

    4.0

    ゲイの矜持ここにあり

    オンライン試写会でみました。 ゲイの水球大会に出場するシャイニー・シュリンプスのおはなしです。 パリからクロアチアまでバスで移動して参加する旅の話が面白いです。 クロアチアについて大会に参加、果たして結果は? 感動します。公開が楽しみです。

  • サラ

    4.0

    笑って泣ける楽しい作品

    こんなに明るくて楽しいフランス映画を観たのは初めて!どんな時もワチャワチャしていて面白い(゚∀゚)。そしてまさかの私も大好きな◯◯◯◯◯が大人気(≧∀≦) “ゲイゲームズ”がこんなに大きい大会だと初めて知りました。2022年はアジア初の香港で開催なんですね! ラストは泣けちゃったよ。こんな仲間最高だなぁ〜。 オンライン試写会にて

  • とし

    4.0

    スッキリ楽しめます!

    2021年6月12日 映画 #シャイニー・シュリンプス!愉快で愛しい仲間たち (2019年仏)鑑賞 実在のゲイの水球チームが #LGBTQ+ 世界最大のスポーツと文化の祭典 #ゲイゲームズ 出場を目指す 当初はゲイオリンピック の名称の予定が #IOC から使用を禁止されたらしい 心が狭い 2022年に香港で開催予定!

  • ken********

    5.0

    みんな楽しそうでいいね

    LGBTの水球チームの話。 選手のみんながほんと楽しそうに生きてていいですね。 つらい思いもしてきただろうけど。 イケメン揃いでいい仲間たちだった。 最後は、ほんと感動。 元気もらえますね。いい映画よ。

1 ページ/2 ページ中