ここから本文です

タイラー・レイク -命の奪還- (2020)

EXTRACTION

監督
サム・ハーグレイヴ
  • みたいムービー 11
  • みたログ 77

3.92 / 評価:53件

麻薬王と麻薬王と凄腕傭兵

  • 一人旅 さん
  • 2021年2月11日 16時52分
  • 閲覧数 103
  • 役立ち度 4
    • 総合評価
    • ★★★★★

サム・ハーグレイヴ監督作。

アンディ・パークスのグラフィックノベル「Ciudad」を基に、ジョー・ルッソらが製作、スタントマンのサム・ハーグレイヴが初めて演出したNetflixオリジナル映画で、筋肉俳優のクリス・ヘムズワースが主人公の傭兵を血反吐を吐いて力演しています。

インドの麻薬王の息子が敵対するバングラデシュの麻薬王に誘拐されるという事件が発生、暗い過去を抱える凄腕の傭兵:タイラー・レイクは麻薬王の依頼に応じ、囚われの身となっている麻薬王の息子を救出すべくバングラデシュの首都ダッカに乗り込むが―というアクションスリラーで、シンプルな人質救出劇が展開されると思いきや、裏切りに次ぐ裏切りの三つ巴展開で畳み掛けていきます。

麻薬王がバングラデシュの警察&軍を支配下に置いているため四方八方が敵だらけという過酷な状況下で展開されるアクションが最大の見せ場です。臨場感溢れるカメラワークによる銃撃戦&肉弾戦、カーチェイス、RPG&ハンドグレネード投擲といった多彩なアクションシーンの連続に息つく暇を与えない怒涛の展開に目を見張りますし、クライマックスの大激戦は迫力&火薬量満点のスペクタクルを実現しています。また、本作が初監督となるサム・ハーグレイヴは元々スタントマン&スタントコーディネーターとして主にルッソ兄弟のMCU作品で腕を磨いてきた人物なのでアクションの魅せ方には長けていますし、主演のクリス・ヘムズワースも監督の演出上の要求に100%応え切った迫真の熱演を披露しています。

蛇足)
警察&軍を勝手に悪者扱いしてバングラデシュ政府に怒られそう…。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • スペクタクル
  • パニック
  • 恐怖
  • 勇敢
  • 絶望的
  • かっこいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ