ここから本文です

上映中

マルモイ ことばあつめ (2019)

MALMOE: THE SECRET MISSION

監督
オム・ユナ
  • みたいムービー 42
  • みたログ 43

3.86 / 評価:36件

重みは置いといて、エンタメとして

  • あきもと_y さん
  • 2020年8月2日 11時33分
  • 閲覧数 101
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

面白い。
朝鮮文化と韓国人にとり、言葉を奪う(日本語教育)また名前を奪う(創氏改名)ということがどれほどの意味を持っていたのか、おそらくただのイルボンサラム(日本人)である私にはその根源的な重みは理解できていないでしょう。
しかしそんな植民地時代の背景が理解できなくても、この映画はちゃんとエンターテインメントとして成立しています。
これが日本で全国公開され、それなりに集客していること自体を寿ぎたいと思います。

泥臭く、汗臭く、がさつで無神経、しかしいざとなると行動を厭わない。韓国庶民の理想像?をエネルギッシュに造形したユ・ヘジンが好演。『パラサイト』の家政婦のおばさん(イ・ジョンウン)が顔を出してるのも楽しい。
強いて言うなら…やはり日本人役は日本人にやらせるべきでしたね。弾圧する側の日本語が韓国なまりでは、いささかサマになりませんでした。

なお蛇足ながら、朝鮮語学会は思想犯で検挙された事件だ(=朝鮮語は関係ない)との指摘もあるようですがこれは検挙した側の表面的論理であり、実質的には言語を含めた思想がターゲットだったと解すべきでしょう。現に当時の判決文自体が「民族運動ノ一形態トシテノ所謂語文運動ハ民族固有ノ語ヲ含ム民族独立運動ノ漸進形態」と断じています。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 笑える
  • 勇敢
  • 知的
  • 切ない
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ