ここから本文です

僕たちの嘘と真実 Documentary of 欅坂46 (2020)

監督
高橋栄樹
  • みたいムービー 106
  • みたログ 529

4.29 / 評価:477件

異質で目を惹く見せ物としての彼女達

  • miw******** さん
  • 2020年9月14日 21時20分
  • 閲覧数 1292
  • 役立ち度 4
    • 総合評価
    • ★★★★★

中年女性でファンでもない私が
欅坂46に惹かれた何かを知りたくて観に行きました

やはり平手さんは眼力があり
表現者としてのカリスマがある人だなと感じたし
惹きつけられました

TVで欅坂46を観て
カッコいい圧倒されると思うと同時に
平手さんの名前で荒れているSNSを観て
休まる事の無いイメージは持っていました

ドキュメンタリーを観て
14歳から
欅坂の作品の世界観に身を置き追体験で
多少なりとも人格に影響が出たであろう
平手さんと平手さんの才能を想い

次に与えられる演目に必死になる彼女達の姿を観ていると

歌詞とは裏腹に
大人が作った檻の中に自ら飛び込み身を置き
与えられる演目ありきの束縛された状態の中

自由主義よりは社会主義
個はなく集団の中
理想や観念に追い詰められもがき続ける姿が

プロフェッショナルでもあり
囚われの身で痛々しくもあり

最後まで目が離せずにいました

一視聴者の大人として
こういうビジネスが成り立ってしまい
結局は加担している側として
罪悪感も持ったけど

一方でエンターテナーとして観られたい彼女達は今もいて
この世界で活躍する以上
改名し一新したイメージで報われて欲しいなと思ったし
卒業したメンバーも
平手さんも新しい環境で輝いて欲しいです

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 泣ける
  • 悲しい
  • 切ない
  • かっこいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ