ここから本文です

上映中

僕たちの嘘と真実 Documentary of 欅坂46 (2020)

監督
高橋栄樹
  • みたいムービー 109
  • みたログ 495

4.28 / 評価:444件

可哀想

  • lim***** さん
  • 2020年9月4日 16時46分
  • 閲覧数 1788
  • 役立ち度 13
    • 総合評価
    • ★★★★★

付き添いで見ました。
全体的に言うとあまりにも可哀想。記事とかで見るより仲は良さそうだった。因みに私自身は、正直平手友梨奈以外あまり知らない。
かつての平手は本当に真面目で笑顔がかわいくて、どこまでもアイドルだった。ずっと、彼女が仮に憑依型として、そんな憑依型の人に黒い羊とか、彼女が必死だとわかるなら不協和音とか何度も歌い続けさせるとかあまりにも可哀想って思ってきたけど、やっぱりそこは可哀想。
映画を見てると、真面目で熱心な平手が、欠演する理由は最もだし、平手の才能にすがりたい全員の気持ちがわかりすぎてやっぱり可哀想。
平手がセンターじゃないときの、ファンの動揺した顔が見えるって言ってたメンバーがつらかった。
天才は孤独、文豪やベートーベンみたいに芸術家は誰ともわかりあえないみたいに言うけれど、それをどちらも持ち合わせてて、そんな「天才」と「芸術家」の象徴みたいで、メンバーはまさに人間的感情と良くも悪くも思いやりの塊で、優しさが人を殺す、みたいな感じでした。
これを見なきゃいけないのは本当はファンじゃない人達なのに、ファンしか見ない映画なのだろうなぁと思うと勿体なくて悲しいです。
かつての自分達に打ち勝つ、再出発に期待しています。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 勇敢
  • 切ない
  • かっこいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ