ここから本文です

僕たちの嘘と真実 Documentary of 欅坂46 (2020)

監督
高橋栄樹
  • みたいムービー 106
  • みたログ 526

4.28 / 評価:475件

メンバーとスタッフによる公開処刑

  • win******** さん
  • 2020年10月23日 13時31分
  • 閲覧数 1425
  • 役立ち度 4
    • 総合評価
    • ★★★★★

脚色やフィクションの要素もあると思いますし、編集により、事実と異なるニュアンスに仕上がる事もあると思います。

私は、欅坂46のファンではありません。
ファンの人には、これで良いのかもしれませんが、私は観ていて苦痛を感じました。

嫌がるセンターのコをスタッフが無理矢理ステージに出すシーンは、非常に残酷に見えました。
苦悩するセンターをメンバーも運営側の大人も救おうともしない。
そのうちに誰も意見することが出来ないくらい神格化され、本人の暴走がエスカレートしていく痛々しさ。

メンバーによる「言い訳」が延々と続きますが、あまり共感はできませんでした。
もっと寄り添って話を訊いてあげたり、運営サイドに意見する仲間は居なかったのかな?

欅坂46の悲劇は「下積みを経験しなかったこと」から始まると思います。
乃木坂46や日向坂46が下積みの時代にメンバーの絆や結束力を高めたのに対し、いきなり忙しくなった欅坂46には、その時間もなく、1つになれなかったということかな。


それでもセンターが悪く言われてしまうことが残念でならないです。
初期の頃は笑顔もあったのに、いつの頃からか無くなりました。
使うだけ使って、
潰れたら他のコに変えれば良いか?
グループ名を変えれば良いか?
運営サイドの大人たちの責任は重いと思います。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ