ここから本文です

上映中

オフィシャル・シークレット (2018)

OFFICIAL SECRETS

監督
ギャヴィン・フッド
  • みたいムービー 161
  • みたログ 255

4.03 / 評価:208件

実話じゃなくても面白いと思えるかどうか

  • Nothing in particular さん
  • 2020年9月13日 17時32分
  • 閲覧数 366
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

映画の場合、お客さんには実話かどうかってあまり関係無いと思うのですよ。
実話を重視するならドキュメンタリーを観るべきで、映画である以上、面白いかどうかが全てでは?
実話っていうとなんか過剰評価されがちですが、もしこれが実話じゃなくても面白いと思えるかどうかが映画には重要だと思うんですよね。

2003年、イラク戦争開戦の機運が高まる中、イギリスの諜報機関GCHQで働くキャサリン・ガリンは、NSA(アメリカ国家安全保障局)からのメールに愕然とする。それは英米がイラク侵攻を強行するため、国連安全保障理事会のメンバーに対するスパイ活動を指示するものだった。憤りを覚えたキャサリンは元同僚の友人にメールのコピーを託す。

・・・キャサリンって何かしたっけ??
〈イラク戦争を止めようとしたある女性の衝撃の実話〉というキャッチコピーになっていますが、キャサリンにそんな覚悟なかったよね??
元同僚にコピーを託したものの、すぐに後悔して、無かったことにしてくれと頼みに行ったけど、覆水盆に返らず状態で、メールは新聞社に渡ってしまっただけ。
後は新聞社の人たちが頑張った。

という訳で、そういう事実があったんだという点では面白かったですが、映画として面白いとは思えず。脚本も演出も秀でた部分は特に無し。

常々思っていますが、「おっさんの面子が世界を滅ぼす」よね。
おっさんのDNAから面子を除去したら、ものすごく良い世の中になると思う。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ